バンカーショット

バンカーショット記事一覧

バンカーショットを上達させるためのアドレスの7つのポイント

バンカーショットではどのような構えを取って行けばいいのでしょうか?ポイントとしては7種類あり、オープンスタンスで構えるグリップを短めに握るフェース面を目標方向へと向ける左足に体重の重きを置く砂に足をしっかりと埋め込むグリップはボールの真上に来るようにし、ハンドファーストにしないボールの位置は左のかか...

≫続きを読む

バンカーショットではアウトサイドインを意識せよ!

バンカーショットを正しく行うためには、アウトサイドインのカット軌道で打つように、と言われたことも多いのではないでしょうか?バンカーショットでは確かに、アウトサイドインの軌道でボールを飛ばしていきます。ですが、このアウトサイドインで打つという事を誤解している方も多くてですね、その後かいが原因でバンカー...

≫続きを読む

バンカーショットでの体重配分はこうすることが正解!

バンカーショットでの体重配分はどのようにすればいいのでしょうか?実はバンカーショットでは、左足に体重を多くかけるようにするんですよ。目安としましては、左足:右足を7:3ぐらいでしょうか?そして、ショットを行う時にもこの7:3の体重配分を保ったままスイングを行っていきます。左足を軸にすることにより、不...

≫続きを読む

バンカーから脱出出来ない!?正しいスイングの方法とは?

特にゴルフを始めたばかりの初心者の内は、バンカーに嵌るとなかなか脱出することが出来ないのではないでしょうか?今回はどのようなスイングを行えば、バンカーから脱出できるのかについて考察して行きたいと思います。ボールの手前にヘッドを打ち込むヘッドを砂へと打ち込ませる地点ですが、だいたいボールの5〜10cm...

≫続きを読む

バンカーで目玉になっていたらアンプレイヤブルなのか?

バンカーでボールが砂にめり込んでいる状態を目玉であると言います。ですがこの目玉、アンプレイヤブルの処置は取れない上に脱出するにもなかなか難しい・・。目玉になってしまった場合で多くの人は通常のバンカーショットで脱出させようとしますが、基本的な打ち方ですとバンカーから脱出させることは厳しいんですよね。ボ...

≫続きを読む

バンカーでボールを高く上げるための確実な方法

バンカーの縁が高かったり、グリーンが速かったりしますと高いボールを打たなければなりません。低いボールを出してしまうと、思った通りの展開にはならないので、バンカーショットで高く上げて行く訳ですが、どのよなことを意識したらボールは理想的な軌道を描いて飛んで行ってくれるのでしょうか?ボールを上げるための基...

≫続きを読む

バンカーショットで左に飛んでいく癖が治らない場合は?

バンスの少なめなサンドウェッジを使うのであれば、フェース面の向きに意識を向けなければなりません。バンスの少ないサンドウェッジと言うのは、フェースをより大きく開いて使っていく訳ですが、そうしてしまいますとスタンスのオープンレベルも大きくなるんですね。そうなってしまうと、結果的にかなりカットがかかったス...

≫続きを読む

バンカーのアゴにハマったボールを脱出させる方法

ゴルフをやっていればいつかはボールがバンカーへと入り込み、なおかつアゴの下に止まってしまうなんてこともあるかと思います。このアゴの部分にハマってしまいますと、初心者の方はなかなか抜け出せずに痛い思いをしてしまうのではないでしょうか?今回はそんなボールがアゴに止まってしまった場合の脱出の仕方について解...

≫続きを読む

グリーン上まで距離がある時はどうするの?

場合によっては、グリーン周りのバンカーで相当大きなバンカーにボールが落ちてしまう事もあります。このようなバンカーで、グリーン上までまだまだ距離があるようなところにボールが落ちてしまった事はないでしょうか?しかもピンはグリーン手前に切ってあり、ランがほとんど使えないという状態です。そんな状況はかなり厄...

≫続きを読む

砂の硬さ別のバンカーショットはこう攻略せよ!

バンカーとは言いつつも、どのバンカーも同じ砂質という訳ではありません。柔らかい砂のバンカーもあれば当然硬い砂だってある訳です。いつもと同じようなバンカーショットをしたにも関わらず、ボールを上手く飛ばす事が出来なかった。という経験をした方も多いのではないでしょうか?これは砂の硬さを理解した正しいバンカ...

≫続きを読む

バンカーショットで距離感を出すためには?

バンカーショットで距離感を出すためにはどうしたらいいのでしょうか?距離感を出すためには大きく分けて3種類のやり方があり、スイングの振り幅で調整する取る砂の量で調節していくインパクトの強さで調整するという方法があります。人によっては、取る砂の量を調節することをメインに行い、残りのスイングのふり幅やイン...

≫続きを読む