バンカーショットではアウトサイドインを意識せよ!

バンカーショットではアウトサイドインを意識せよ!

 

 

バンカーショットを正しく行うためには、アウトサイドインのカット軌道で打つように、と言われたことも多いのではないでしょうか?

 

 

 

バンカーショットでは確かに、アウトサイドインの軌道でボールを飛ばしていきます。ですが、このアウトサイドインで打つという事を誤解している方も多くてですね、その後かいが原因でバンカーショットを上達させることが出来ないのも事実なんですよ。

 

 

 

これはどういうことかと言いますと、アウトサイドインに振る事を意識し過ぎて、無理に外側にテークバックをし、フォロースルーで無理に内側に振ってしまっているんですよね。

 

 

 

 

ですが、無理に外側や内側に振ってくこととなりますから、無意識に身体が上下動を起こすことに繋がってしまうんです。その結果、正しい場所にボールを飛ばすという事が困難になってしまう訳なんですよ。

 

 

 

ここで気づいてほしいのが、無理をしてアウトサイドインにスイングをする必要は一切ないということ。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加