バンカーから脱出出来ない!?正しいスイングの方法とは?

バンカーから脱出出来ない!?正しいスイングの方法とは?

 

 

特にゴルフを始めたばかりの初心者の内は、バンカーに嵌るとなかなか脱出することが出来ないのではないでしょうか?今回はどのようなスイングを行えば、バンカーから脱出できるのかについて考察して行きたいと思います。

 

 

 

ボールの手前にヘッドを打ち込む

 

 

 

ヘッドを砂へと打ち込ませる地点ですが、だいたいボールの5〜10cm程手前に打ち込んでいきます。

 

 

 

ただ、ここでは正確に5〜10cmほどと意識するのではなく、あくまでこれぐらいだろうという認識で大丈夫です。このように気楽に考えておくと、案外バンカーは攻略できるものですよ。

 

 

 

これを意識するだけでも、今までバンカーが大の苦手だったという人であっても、それほど苦手に感じなくなるほど重要な事なんです。

 

 

 

5〜10cmをどのように捉えるかによって変わって来ます。

 

 

 

え?ボールを打ち込むスペースはたった5cmしかないの!?と思うのか
5cmもヘッドを入れるスペースがあるなら余裕ではないか!

 

 

 

あなたはどちらのタイプでしょうか?

 

 

 

この場合、当然下の考え方の方が精神的に優位に立てます。
実際、幅5cmにヘッドを入れることは難しいことではなく、5cmしかない・・・と難しく捉えてしまうから、なかなか上手くいかないんですよ。

 

 

バンカーショットが苦手な人っていうのは、バンカーショットをしても脱出できなかったらどうしよう・・というプレッシャーが自信を先行してしまい、心臓がバクバクの状態でスイングをする訳です。

 

 

 

ルーティンとして、心臓の鼓動が早い方が正確なバンカーショットを打つことが出来るという方は例外中の例外ですが、大抵の方はプレッシャーが重くのしかかるとミスショットを誘発してしまう事が多いと思います。

 

 

 

ですので、バンカーショットを行う際には、常にポジティブに考えるようにしてリラックスしながらいつも通りな感じで打つことが求められます。

 

 

さらに言うならば、ボールの手前の15cm程前であれば脱出することは十分に可能な訳です。

 

 

 

ボールの手前15cmに打ち込むことが正解であるショットはバンカーショット以外ないといっても過言ではありません。

 

 

 

実際に、バンカーからなかなか脱出することが出来ない人をよく観察してみますと、ボールの20cm手前にヘッドを入れていたという事が比較的多く見られます。

 

 

 

バンカーショットを脱出させるにはインパクトが重要!

 

 

 

バンカーショットでボールを脱出させるためには、インパクトがとても重要になってきます。

 

 

 

バンカーだからと言って、インパクトの直前にヘッドを緩めるのではなく、ズドンという感じでしっかりと打ち込んで行ってください。

 

 

 

インパクトを弱めてしまう事で、ヘッドが砂に吸収されてしまい正しく力が伝わらなくなってしまいます。なので、ボールを脱出させることが出来ないという事態に陥ってしまうんですね。

 

 

 

トップスイングで左肩が顎のラインに来るような、上半身をしっかりと捻ったフォームを作ることで理想的な正しいスイングが実現できるという訳です。

 

 

 

そして、フォロースルーでも低く出していきましょう。ヘッドを上からスイングする感覚でバンカーショットを行ってしまいますと、上体のバランスが崩れてしまい、支えているはずの左足で体重をコントロールできなくなってしまいます。

 

 

 

最後にヘッドがグリップよりも先行しないようにすることです。

 

 

 

このミスと言うのは、何としてでもボールをすくい上げてバンカーから脱出させよう!と思った時に発生します。

 

 

 

手ですくい上げようとしたところでバンカーから脱出させることは困難ですし、しっかりと身体の回転を主体としたスイングを心がけることでヘッドは先行せず、綺麗にボールを脱出させることが出来ます。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加