バンカーで目玉になっていたらアンプレイヤブルなのか?

バンカーで目玉になっていたらアンプレイヤブルなのか?

 

 

バンカーでボールが砂にめり込んでいる状態を目玉であると言います。

 

 

 

ですがこの目玉、アンプレイヤブルの処置は取れない上に脱出するにもなかなか難しい・・。目玉になってしまった場合で多くの人は通常のバンカーショットで脱出させようとしますが、基本的な打ち方ですとバンカーから脱出させることは厳しいんですよね。

 

 

 

ボールの下部が砂へとがっつりめり込んでいますので、何も考えずにエクスプロージョンショットをしようとしたとしても、脱出させることはほぼ不可能なんです。

 

 

 

今回はそんな、目玉になってしまった時の脱出法を解説して行こうと思います。

 

 

 

目玉になった時の脱出法

 

 

まず、目玉ではヘッドの構え方が通常のバンカーショットとは異なります。

 

 

 

ボールは右足寄りにセットをしてフェースを開かないようにして被せて構えるのです。そして、バンスから打つのではなくリーディングエッジから砂へと打ち込んでいき、砂を吹き飛ばしていくイメージを持ちながらボールをえぐるように飛ばしていきます。

 

 

 

フェースを構えるという事は、ハンドファーストに構えるという事になりますね。

 

 

 

脱出させるための打ち方

 

 

打ち方としましては、通常のバンカーショットと同じです。左足に体重の7割近くを乗せてスイングを行います。

 

 

 

ただ、フェースを被せた上での構えを取りますから、スタンスはスクエアスタンスもしくは少しだけオープンスタンス気味に構えて行きます。

 

 

 

ヘッドを入れ込む位置なのですが、ボールと砂が接しているギリギリのところを狙っていきます。イメージとしましては鎌を持って雑草を根元から刈り取るようなイメージでしょうかね。

 

 

 

そのようなイメージを持ちながらリーディングエッジを用いてスイングをしますと、上手いこと脱出できるのではないかと思います。

 

 

 

砂が爆発する力だけでは、目玉となってしまったボールは抜け出す事は出来ません。

 

 

 

砂もろともボールをえぐり出すショットを行う事が重要なのです。

 

 

目玉を脱出させるヘッドの角度

 

 

そして、リーディングエッジがボールと砂との間に入り込みやすくするためには、ダウンスイングでヘッドを鋭角的に上からコツンと当てるイメージを持ちながら行います。

 

 

 

さらに言えば、コックを十分に利かせて上から下ろしていくという感じでしょうか。

 

 

 

ダウンスイングでクラブを身体に引きつけて下ろすことによって、鋭角的にクラブを下ろすことが可能になるという訳なのです。

 

 

 

それと、前述のとおり大きな力を利用してボールをえぐり出していきますので、砂の抵抗は通常のバンカーショットと比べてもからり大きいものであると言えます。

 

 

 

スイングの力が足りないようですと、ヘッドが動いてしまい力負けをしてしまい予期せぬ方向へとボールが飛んで行ってしまう原因となってしまいますから、しっかりとグリップをする必要がありますね。

 

 

脱出させることを第一に考えましょう

 

 

目玉に陥った時の脱出方法というのは、フェースを被せながらスイングを行っていきますので、当然ボールは通常よりも上がりにくくなるのは必然的な事であると言えます。

 

 

 

その上、スピンもかかりにくくなってしまう訳ですから、ボールがフェアウェイ、グリーン上に乗った後のランも比較的長めになります。

 

 

 

顎の高さと落下後のピンまでの距離、この2点をしっかりと計算をして打たなければいけませんね。

 

 

 

 

何にせよ、目玉になってしまった場合は運が悪かったと割り切るしかありません。

 

 

 

 

欲を出して無理に寄せようとしてしまいますと、予期せぬ事態に見舞われスコアにも大きな影響を及ぼしてしまいますので、まずは冷静になって目玉から脱出させることを第一に考えてプレーをすることを心がけて行きましょう。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加