バンカーでボールを高く上げるための確実な方法

バンカーでボールを高く上げるための確実な方法

 

 

バンカーの縁が高かったり、グリーンが速かったりしますと高いボールを打たなければなりません。

 

 

低いボールを出してしまうと、思った通りの展開にはならないので、バンカーショットで高く上げて行く訳ですが、どのよなことを意識したらボールは理想的な軌道を描いて飛んで行ってくれるのでしょうか?

 

 

 

ボールを上げるための基本姿勢

 

 

バンカーショットでボールをふわっと上げるコツとしましては、構え方を工夫すれば上手くいく可能性がグッと高まります。これがシンプルかつとても重要な事なんですよね。

 

 

 

構えはそのままでスイングにより高いボールを出そうと意識してしまいますと、どうしてもすくい上げるような打ち方になってしまい、ダウンスイングの途中で右肩が下がるためボールの軌道が安定しなくなるんですよ。

 

 

 

 

ですので、必要以上に右肩が下がり、ボールにブレが生じないよう、アドレスの時から予め右肩を下げるように構えておく必要があります。

 

 

 

そして、ボールを高く打ち上げて行く訳ですから、目線は通常よりもやや高めに保っておきます。

 

 

 

目線をどれほどまで上げればいいのかという目安なんですが、だいたい顎よりも少し上のあたりに視線を投げかけるようなイメージで行うと良いでしょう。

 

 

 

 

このように目線を高めに置くことで、意識をしなくても自然と右肩が下がるという理想的なフォームが作り出される訳です。

 

 

 

体重は右足を中心に置いておく

 

 

そして、いよいよスイングに入って行く訳なのですが、この時体重は右足寄りに置いておくことが大切になります。

 

 

 

要するに、右足を中心としたスイングを行っていくという訳です。ですが、右足を中心に体重をかけるということは、ただでさえ視線を上へと持って行っていますから余計に右肩が下がってしまう原因になってしまいます。

 

 

 

そこで、それを解消してくれるのが、右ひざを内側へと入れ込むということ。

 

 

 

これを行う事で、右ひざがつっかえ棒のような役割をしてくれますから、必要以上に身体が傾いてしまう事を防ぐことに繋がるんです。

 

 

 

フェース面をより開いておく

 

 

ボールが高く上げるためには、フェースもいつもより多めに開かなくてはいけませんね。

 

 

 

その上で、お尻を後ろへと突き出すような構えを見せますと、ハンドダウンに構えることが出来ます。

 

 

 

ハンドダウンになるということは、フェースがより開いた状態でのインパクトということになりますので、ボールにスイングのパワーが伝わりやすくなりしっかりと距離を出すことが出来ます。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加