バンカーショットで左に飛んでいく癖が治らない場合は?

バンカーショットで左に飛んでいく癖が治らない場合は?

 

 

バンスの少なめなサンドウェッジを使うのであれば、フェース面の向きに意識を向けなければなりません。

 

 

バンスの少ないサンドウェッジと言うのは、フェースをより大きく開いて使っていく訳ですが、そうしてしまいますとスタンスのオープンレベルも大きくなるんですね。

 

 

 

そうなってしまうと、結果的にかなりカットがかかったスイング軌道になって行きます。

 

 

 

この打ち方の癖がついてしまいますと、フェース面を目標方向へと定めたにも関わらず、ボールは本来狙いたい位置よりも左側に飛んで行ってしまうんですね。

 

 

フェース面を右側に向けると左側に飛ばなくなります

 

 

バンカーショットでは、このようなどうしてもボールが左に曲がってしまうという方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

 

 

真っすぐ飛ばそうとするためにフェース面を目標方向にセットしたにも関わらず、ボールが左へと飛んで行ってしまうのであれば、フェース面を目標方向よりもほんの少し右に向けて行き微調整を行っていきましょう。

 

 

 

この辺の微調整はこれぐらい右側に向けて下さい。というのは明確には定められておらず、普段の練習でしたり、実際にコース上で何度も経験を積んでいき、独自の角度を見つけて行く必要があります。

 

 

 

逆に言えば、自分専用の誰にも真似することが出来ないフォームが出来上がるということですので、おススメですよ!

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加