バンカーのアゴにハマったボールを脱出させる方法

バンカーのアゴにハマったボールを脱出させる方法

 

 

ゴルフをやっていればいつかはボールがバンカーへと入り込み、なおかつアゴの下に止まってしまうなんてこともあるかと思います。

 

 

 

このアゴの部分にハマってしまいますと、初心者の方はなかなか抜け出せずに痛い思いをしてしまうのではないでしょうか?

 

 

 

今回はそんなボールがアゴに止まってしまった場合の脱出の仕方について解説をしていこうと思います。

 

 

 

ボールの位置によって対処が異なります

 

 

このような状況になってしまった場合には、しっかり様子を確認して1回だけで脱出させられるのかを判断する必要があります。

 

 

 

もしも、アゴの縁よりもボールが外側に位置しているのであれば脱出させることは可能ですし、内側に位置しているようであれば一発で脱出させることは出来ません。

 

 

この場合は、まずはボールを脱出させるために外側へ移動させることを第一条件に考えます。

 

 

アゴから脱出させるための打ち方とは?

 

 

ボールが脱出出来るか出来ないかの判断が決まりましたら、次はそのボールを脱出させるためのショットを行っていきます。

 

 

ただ、普通にボールを打とうとしてもほぼ脱出させることは不可能でしょう。ではどのように構えればいいのか?

 

 

重力の方向、つまりは地面に対して身体の中心軸が垂直になるようにして構えて下さい。ボールを脱出させることだけを考えて、右肩が下がってしまうような重力に逆らう構えを取るのはNGです。

 

 

 

このように右肩が下がってしまいますと、トップの原因となってしまいます。

 

 

 

アゴの下にボールが位置しているということは、ボールがそこに埋まってしまい平坦なところへと転がってこない状態であることが推測されます。

 

 

 

これはどういうことかと言いますと、ボールの深さは問わないですがいわゆる目玉状態になっているという訳ですね。

 

 

 

目玉のボールを脱出させる方法は、バンカーで目玉になっていたらアンプレイヤブルなのか?のページでも解説をしているのですが、砂に対して強い力でヘッドを入れ込むという打ち方を行い、脱出させなくてはいけません。

 

 

 

そこで、フェースを開くことなくスクエアにスタンスを取ります。ただし、被せ気味に構えてはいけません。なぜなら、フェースを被せてしまう事により、本来アゴを超えるはずであろうボールが、超えることなくまた振りだしに戻ってしまうからです。

 

 

 

 

あとは、グリップをしっかりと固定させてボールと砂の接点に対して、リーディングエッジから打ち込む感じで力強くヘッドを打ち込むことが大切になります。アゴからのボールを脱出させるにはパワーが必要になりますから、思いっきり打ち込んでみることが大切です。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加