グリーン上まで距離がある時はどうするの?

グリーン上まで距離がある時はどうするの?

 

 

場合によっては、グリーン周りのバンカーで相当大きなバンカーにボールが落ちてしまう事もあります。

 

 

このようなバンカーで、グリーン上までまだまだ距離があるようなところにボールが落ちてしまった事はないでしょうか?

 

 

 

しかもピンはグリーン手前に切ってあり、ランがほとんど使えないという状態です。そんな状況はかなり厄介なシチュエーションであると言えますね。

 

 

 

また、グリーンの手前にバンカーが数個あり、グリーンから1番遠いバンカーにつかまってしまったということも同じような状況であると言えます。

 

 

 

そんな時はどうしたらいいのかを解説して行こうと思います。

 

 

距離があってもピタリと止める打ち方とは?

 

 

通常、グリーンまで距離が離れているという場合は、フェースをあまり大きくは開かないですね。

 

 

 

ですが、このような状況下であれば、キャリーを出しながらランを少なめにして行かなくてはなりませんので、あえてフェースを大きく開いて砂を薄く取る打ち方をして対処しなくてはなりません。

 

 

 

そして、ボールの位置はなるべく身体の中心線から見て左寄りになるようにセットをするんです。

 

 

 

左寄りにセットをすることで、自然と砂を薄めに取ることが出来るんですね。そして、トップの大きさは変えないようにしてフォロースルーだけ大きくしていきます。

 

 

 

 

ただ、砂を薄く取る時には、ヘッドをボールと砂の間のギリギリに入れようとしてしまいますと、逆に難しく感じてしまうかと思います。

 

 

 

 

ですので、その辺については深く考えないようにしてボールの2〜3cm手前に意識を持った方がやり易く感じます。

 

 

 

 

このようなショットを行う事で、グリーンまで距離があったとしても狙った所にしっかりと落とすことが出来ますし、ボールが転がり過ぎずにピタリと止めることが出来るんです。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加