バンカーショットで距離感を出すためには?

バンカーショットで距離感を出すためには?

 

 

バンカーショットで距離感を出すためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

距離感を出すためには大きく分けて3種類のやり方があり、

 

 

  • スイングの振り幅で調整する
  • 取る砂の量で調節していく
  • インパクトの強さで調整する

 

 

という方法があります。

 

 

人によっては、取る砂の量を調節することをメインに行い、残りのスイングのふり幅やインパクトの強さに関してはあまり意識を向けずにスイングを行っている方もいらっしゃるようです。

 

 

この辺りは人によってはどれが自分にあった距離の出し方なのか、というのは異なってきますので、自分にあった調整法を行っていくのがいいかと思います。

 

 

振り幅をまず例に挙げるとすれば、特にテークバックの大きさを基準にするんですね。

 

 

 

要するに、これだけヘッドを振り上げることによりこれだけボールが飛ぶであろうということを予め練習などから自分なりの物差しを作っておきまして、それを本番でのテークバックで作るようにするんです。

 

 

取る砂の量で距離感を出すためには

 

 

私の場合は、スイングのふり幅によりバンカーショットの距離感を調節している訳なのですが、それに取る砂の量の調節をプラスさせ、微妙な距離感を出すことも工夫して行っています。

 

 

 

例えば、同じふり幅であっても、取る砂の量が少なければ抵抗が少なくなりますので遠くへとボールは飛んでいきますし、砂の量が多くなるにつれて抵抗が増しますから、飛ぶ距離が短くなってしまいます。

 

 

 

ですので、10ヤードを飛ばすつもりでスイングをするんだけど、9ヤードを飛ばすのであれば微妙な砂の量の調整で行ってくという訳なんですね。

 

 

 

 

ただ、取る砂の量というのは、1回練習すればすぐさま本番で使えるようになるという訳ではなく、やはり熟練した人のみが成せる業ですので、何度も練習して自分なりの基準と言うのを作り上げて行く必要はありますが。

 

 

 

 

それだけではなく、取る砂の量が少なければ少ないほどボールの回転数が多くなりますので止まりやすくなりますし、逆に取る砂の要が多ければスピンをかけることが難しいためにボールはよく転がるようになります。

 

 

 

このようなことも考慮しながら距離感を出していかなければいけませんね。

 

 

インパクトの強さで距離感の確立されたバンカーショットを行う

 

 

次に、インパクトの強弱での距離感の出し方について。

 

 

インパクトで距離感を出すためには何を行えばいいのかと言いますと、テークバックの大きさは常に同じになるようにしておき、インパクトの強弱で距離感を出していくのです

 

 

 

具体的には、テークバックは距離に関係なく、グリップが肩の高さのあたりに来るまで気持ちやや大きく振り上げます。その後、インパクトを行うための強さと上記の摂る砂の量をわずかに調節しあいながら距離感を出していくという方法です。

 

 

 

実はこの方法はゴルフ練習場ではいい練習になるんです。スイングの大きさを一定にして、インパクトの強さだけで打ち分けられるような練習を行う事で、ハーフショットでの絶妙な距離感が自然と身に付くようになっていくんです。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加