ピッチエンドランを上達させる

ピッチエンドランを上達させる記事一覧

ピッチエンドランではインパクトとアドレスはほぼ同じ形のまま

理想的なスイングを「インパクトはアドレスの再現」という別の表現をすることがあります。インパクトはアドレスの再現・・?どういうことなの・・?と感じる方も多いのではないでしょうか。これはどういうことかと言いますと、インパクトの瞬間を捉えた状態を、アドレスで構えた形と同じフォームを取るという事にあたります...

≫続きを読む

ボールをスイートスポットに正しくセットしてからアドレスを行う

アドレスとインパクトがほぼ同じフォームになる事が理想であると、ピッチエンドランではインパクトとアドレスはほぼ同じ形のままのページで解説をしました。通常のドライバーショットにおけるヘッドスピードと言うのは、およそ40m〜50m/秒が一般的であるとされています。確かにこのような体全身を使ったドライバーシ...

≫続きを読む

ピッチエンドランのスタンスと体重配分について

ピッチエンドランでのボールの位置は、スタンスの中央を身体の中心として考えた場合やや右寄りになるようにセットをします。ピッチエンドランにおけるこのボールの位置というのはかなり特徴的でして、ドライバーショットであれば左ワキの位置にボールが来るようなスタンスを取り、段々とクラブが短くなるにつれてボールを中...

≫続きを読む

ピッチエンドランでボールが右に飛んでいく理由とその対処法

ピッチエンドランでは、アドレスとインパクトのフォームがほぼ同じになることが大切です。これを実現させるためには、オープンスタンスを取り、若干のハンドファースト(グリップをボールよりも目標方向へ向いて構える事)にして構えます。ピッチエンドランにおいては、ほんのわずかハンドファーストに構えておくとインパク...

≫続きを読む

ピッチエンドランでトップ・ダフりが発生してしまう理由とは?

ピッチエンドランで無意識にトップやダフりが起きてしまうのは一体なぜなんでしょうか?詳しく解説をしていこうと思います。ピッチエンドランでは、左足を軸にして身体のラインに沿ってスイングをしていくんですね。イメージとしては、左足を中心として自分自身がコンパスになったようなつもりでくるっと回転をさせていくと...

≫続きを読む

ピッチエンドランの打ち方はコックを使う事がコツ!

ピッチンドランではコックを用いた打ち方をしましょう!と言うと、人によってはえ?って思われるかもしれないですね。ロブショットではコックはよく使うんだけど、ピッチエンドランではほとんど使わないという方が多数を占めるのではないかなと思っています。ですが、私の感覚としましては、ピッチエンドランでもコックを利...

≫続きを読む

距離を出したいピッチエンドランのやり方

グリーン周りにボールを乗せたら、転がして寄せることが出来るのかを第一に考えます。ランニングショットで転がしていく場合が多いのですが、場合によっては距離を出したいピッチエンドランを用いて攻略して行くことも考えられます。ランニングショットよりもこちらの方が安定する時があるのも私の経験上多数あります。さて...

≫続きを読む