ピッチエンドランではインパクトとアドレスはほぼ同じ形のまま

ピッチエンドランではインパクトとアドレスはほぼ同じ形のまま

 

 

理想的なスイングを「インパクトはアドレスの再現」という別の表現をすることがあります。

 

 

インパクトはアドレスの再現・・?どういうことなの・・?と感じる方も多いのではないでしょうか。これはどういうことかと言いますと、インパクトの瞬間を捉えた状態を、アドレスで構えた形と同じフォームを取るという事にあたります。

 

 

 

要するに、正確な形のアドレスが出来ていればインパクトを逆再生するかのように同じフォームへと戻してあげることで、理想的なピッチエンドランのショットを行う事が出来るという訳なんですね。

 

 

 

 

アドレスを行っている状態と言うのは、静止をして理想的なフォームを形づけている段階になります。心を落ち着かせて正確にアドレスをしようとしてさえいれば、誰だって正しくアドレスを行う事は出来るはず!

 

 

 

 

後は、その正確なアドレスを再現するかのようにクラブを振り下ろしてボールにクラブを当てるようにすればいいという訳です!

 

 

 

 

ピッチエンドランでは、アドレスからインパクトにかけての体重移動はほぼ行いません。いかに正しくクラブを動かすかということにかかってきます。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加