ボールをスイートスポットに正しくセットしてからアドレスを行う

ボールをスイートスポットに正しくセットしてからアドレスを行う

 

 

アドレスとインパクトがほぼ同じフォームになる事が理想であると、ピッチエンドランではインパクトとアドレスはほぼ同じ形のままのページで解説をしました。

 

 

 

通常のドライバーショットにおけるヘッドスピードと言うのは、およそ40m〜50m/秒が一般的であるとされています。確かにこのような体全身を使ったドライバーショットでは、アドレスとインパクトが同じフォームになるという事はまずありえません。

 

 

 

ですが、アプローチショットにおけるヘッドスピードは、ドライバーショットと比較をしても遥かに遅いためこれが実現されるという訳ですね。

 

 

特に、このページでも解説をしているピッチエンドランというのは、アプローチショットの中でもヘッドスピードが遅めで体重移動もほとんどありませんので、アドレスとインパクトがほぼ同じになるという理想的なショットが出来るんですよ。

 

 

 

長々と語ってきましたのでちょっと分かりにくくなってしまったかと思います。

 

 

 

コンパクトにまとめますと、これは要するにアドレスの段階でボールを正確な位置でスイートスポットにセットすることにより、インパクトの形をアドレスと同じように逆再生をするだけで、意識をしなくてもスイートスポットでボールを捉えることが可能になるんですね。

 

 

 

これさえマスターしておけば、狙ったところへと飛んで行かないなどのミスショットを防ぐことが出来るのです。

 

 

 

ピッチエンドランを行う前には、常にアドレスとインパクトは同じ形になるように。ということを頭の中に留めておくことでアプローチショットで失敗をしてしまう確率はグンと減るのではないかと思っております。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加