ピッチエンドランのスタンスと体重配分について

ピッチエンドランのスタンスと体重配分について

 

 

ピッチエンドランでのボールの位置は、スタンスの中央を身体の中心として考えた場合やや右寄りになるようにセットをします。

 

 

 

ピッチエンドランにおけるこのボールの位置というのはかなり特徴的でして、ドライバーショットであれば左ワキの位置にボールが来るようなスタンスを取り、段々とクラブが短くなるにつれてボールを中央へと移動して行きます。1番短いサンドウェッジでさえスタンスのほぼ中央にセットするぐらいです。

 

 

 

それなのに、アプローチショットであるピッチエンドランはそれよりもさらに右寄りにスタンスを構えるという訳です。なぜこうも右寄りのスタンスを取らなければならないのでしょうか?

 

 

 

逆に、左寄りのスタンスをとってしまうことでスイングした際にクラブが最も下へと位置した後にインパクトをすることになりますから、ボールを正確に捉えることが難しくなってしまうんです。

 

 

 

ピッチエンドランでは、ボールをスイートスポットに正しくセットしてからアドレスを行うのページで解説している通り、アドレスとインパクトがほとんど同じフォームでショットを行いますので、スイングでヘッドが最も下に到達した時にボールを捉えることが出来るようにセットをするのが理想的であると言えます。

 

 

 

 

ピッチエンドランにおけるスイングの最下点となるのはスタンスのほぼ中央です。それならばわざわざ右寄りにせずに中央でもいいじゃないか!と思われる方もいらっしゃることでしょう。

 

 

 

 

ただ、ここにピッチエンドランが上手く行えない一つの落とし穴が隠されているんですよ。

 

 

 

 

インパクトと言うのは、フェース面全体でボールを捉えた状態を指しますので、フェース面がボールに接触するのはインパクトよりも少し前になる訳です。ですので、最下点よりも少し右寄りにセットをすることで、ちょうどいいタイミングでショットを行う事に繋がります。

 

 

 

ピッチエンドランの体重配分は?

 

 

ピッチエンドランを行う際の足にかかる理想的な体重配分は、左足:右足が6:4になるように構えることです。自分のスイング軸よりもやや右寄りにボールが位置している訳ですから、左半身に体重を預けておくことでスイングからインパクトにかけて安定するようになるからなんです。

 

 

 

そしてポイントとなるのが、この体重配分は6:4を保ち続ける事。

 

 

 

ドライバーショットやフルショットを行う時には、体全身の力をバネのようにボールに伝える必要がありますので、体重移動を伴った打ち方が必要になるのですが、ピッチエンドランのような狙った所へとボールを載せる打ち方では体重移動はそれほど必要にはなりません。

 

 

 

スイングの軸となる左足を中心にしてスイング動作に入ります。この時にも体重移動が崩れないようにし、手と身体の動きがバラバラにならないことが大切です。

 

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加