ピッチエンドランでボールが右に飛んでいく理由とその対処法

ピッチエンドランでボールが右に飛んでいく理由とその対処法

 

 

ピッチエンドランでは、アドレスとインパクトのフォームがほぼ同じになることが大切です。

 

 

これを実現させるためには、オープンスタンスを取り、若干のハンドファースト(グリップをボールよりも目標方向へ向いて構える事)にして構えます。ピッチエンドランにおいては、ほんのわずかハンドファーストに構えておくとインパクトを意識せずとも自然な感じで行う事が出来るんです。

 

 

 

 

それでは、なぜピッチエンドランではオープン気味に構える必要があるのでしょうか?

 

 

 

 

論より証拠ですね。まずは、実際にフェースを開き気味にして構えてみて下さい。フェースを開けば開くほどフェース面は右を向いてしまいませんか?

 

 

 

実は、これがボールが無意識に右側に飛んで行ってしまう理由なんですよ。フェースが右を向いていれば真っすぐに打ったつもりでも、ボールは真っすぐ飛んではくれず右に飛んで行ってしまうんです。

 

 

 

ですので、ボールを真っすぐ飛ばしたいのであればフェース面を飛ばしたい方向へと向けたまま構えることが必要になります。そして、開いてしまったフェース面を進行方向へと向けるためには、スタンスを保ったまま身体全体を左へと回転させていかなければなりません。

 

 

 

逆に言えば、やや左を向いたオープンスタンスな状態をきちんと行えていれば、ボールを狙った場所へと落とすことが出来ることに繋がるんですね。

 

 

 

 

オープンスタンスをとる理由はこれだけではありません。身体をやや左側へと向けることでフィニッシュを行いやすくする、つまりはクラブを振り抜きやすくするという効果があるんです。

 

 

 

 

オープンに構えることで、身体の左側にスペースが確保されます。スペースが大きいという事はフィニッシュとしてクラブを振り抜いた際にも余裕が持てるようになり、スイングをスムーズに行う事が出来るという訳なんです。

 

 

 

逆に、ここに十分なスペースを確保することが出来ていないようであれば、スイングをするにも身体が途中で突っかかってしまう形になりますから、ボールが右に飛んでいくなどのミスショットに繋がりやすくなってしまうんです。

 

 

身体の全てのラインをオープンにする

 

 

オープンに構えたら、膝や腰、肩のラインもスタンスと同じ方向を向いているようにしなければなりません。

 

 

 

オープンスタンスを取っているんだけれども肩のラインだけはスクエアになっていたり、かかとのラインがクローズドスタンスになっているようであれば、スイングがスムーズなものではなく窮屈になってしまいますし、上半身と下半身が向いている方向がバラバラとなっておりますから、綺麗なボディーターンを行う事が出来なくなってしまうんですね。

 

 

 

特に初心者の方が、オープンスタンスを取らなければいけないという意識のみ働いてしまうと、この現象が起きてしまいがちです。ピッチエンドランでボールが右へと逸れてしまうという方はこれが原因ではありませんか?

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加