ピッチエンドランでトップ・ダフりが発生してしまう理由とは?

ピッチエンドランでトップ・ダフりが発生してしまう理由とは?

 

 

ピッチエンドランで無意識にトップやダフりが起きてしまうのは一体なぜなんでしょうか?詳しく解説をしていこうと思います。

 

 

ピッチエンドランでは、左足を軸にして身体のラインに沿ってスイングをしていくんですね。イメージとしては、左足を中心として自分自身がコンパスになったようなつもりでくるっと回転をさせていくという訳です。

 

 

 

ここで重要になる「身体のラインに沿って」と言うのは、どういうことなのでしょうか?

 

 

 

それは、オープンスタンスのフォームを取っておりますから、そのオープンに構えたラインに対してサイドインの軌道になるようにスイングをしましょう!という事なんです。

 

 

 

フォロースルーでスタンスの向きと同じ方向にクラブを振り抜くのです。

 

 

 

目標方向に対して真っすぐふり抜こうとする行為はNGにあたります。どうして目標方向に振り抜いてはいけないのでしょうか?

 

 

 

それは、身体のラインに沿って振り抜くことで、身体の上下動が起こりにくく水平回転を行う事が出来るんですね。ですが、ヘッドを目標方向に対して振り抜こうとしてしまいますと、身体が向いている方向とは別の方向にヘッドを振るという事になるじゃないですか。

 

 

 

 

こうなってしまうとどうしてもスイングをスムーズに行う事が出来なくなってしまい、右肩が下がるなどの上下動が生じてしまうという訳です。その結果、ぎこちなく安定しないスイングとなってしまいますからトップやダフりが自分の意識していない所から起きてしまう事になるんです。

 

 

 

トップやダフりを防ぐためのスイングとは?

 

 

 

このようなトップやダフりを防ぐために重要なポイントとしまして、腕と体を一つの物体であるとみなすということが挙げられます。

 

 

 

要するに、ボディーターンを利用してスイングを行うという訳ですね。アプローチショットでボディーターンを使うの?と思われるかもしれないのですが、スイングにおいてどれだけ振り幅が小さなスイングであったとしても、腕の力だけを利用して行うのは厳禁であり、ボディーターンを必ずといってもいいほど行わなくてはいけません。

 

 

 

 

一度ご自身で試して貰うのが一番分かりやすいのですが、手打ちでスイングしようとすると手の動きと身体の動きがバラバラになり、違和感を覚えるのではないかと思います。

 

 

 

 

上手くボディーターンを行うためには、テークバックでは身体の左サイドを回転させていく感じで始めて行きます。同じくダウンスイングも身体の左サイドで行い、腕は常に身体の正面に位置するように意識をして、身体を回転させていくととも自然についてくるようなイメージでスイングをします。

 

 

 

こうすることで、以前の状態よりもトップやダフりがかなり改善されると思いますので、是非とも試してみて下さい!

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加