ピッチエンドランの打ち方はコックを使う事がコツ!

ピッチエンドランの打ち方はコックを使う事がコツ!

 

 

ピッチンドランではコックを用いた打ち方をしましょう!と言うと、人によってはえ?って思われるかもしれないですね。

 

 

 

ロブショットではコックはよく使うんだけど、ピッチエンドランではほとんど使わないという方が多数を占めるのではないかなと思っています。

 

 

 

ですが、私の感覚としましては、ピッチエンドランでもコックを利用した打ち方をすると安定するのではないか、というのが正直な感想です。

 

 

 

というのも、コックを行うことで手首にスナップが効きますからヘッドに加速がつき、小さな力であったとしても簡単にしかも狙った所へとボールを落とすことが出来るからなんですね。

 

 

 

スピンも比較的多めにかかるようになりますし、どんなに短い距離だったとしてもピッチエンドランでもコックを行う事は欠かさないようにしています。

 

 

 

コックを用いた打ち方のコツとは?

 

 

打ち方はボールを右足寄りにセットして、気持ちオープン気味に構えます。

 

 

 

そして、スタンス幅なのですがこれは狙う距離によって変わってくるんですね。例えば狙うポイントが短い距離であるのならば両足をくっつけた状態で打つようにし、距離がだんだんと長くなっていくようであればスタンス幅を広くして構えて行きます。

 

 

 

 

コックに関して言えば、テークバックを行った直後。クラブを後ろへと引いたと同時にコックを作って行くという訳ですね。いわゆるアーリーコックと言う手法を用いて行います。

 

 

 

ドライバーショットならまだしも、スイング幅が小さいアプローチショットではスイングを始めたと同時にコックを始めないとインパクトに間に合わず、中途半端な打ち方になってしまいます。

 

 

 

 

トップオブスイングからインパクトにかけては、ボールの右側面を目がけてヘッドをボールに対してちょこんと当てるようなイメージで打ちます。アドレスでボールの右側面のみをしっかりと視線で捉え、そこに目がけてヘッドを合わせると言った感じでしょうか?

 

 

 

ボールの右側を打つ理由としましては、ピッチエンドランでボールが右に飛んでいく理由とその対処法でも解説している通りオープンで構えているからですね。

 

 

 

このようにボールの1点を注視することにより、どこにヘッドを当てればいいのかと言う目的が明確なります。その上、頭の位置もブラすことなく固定したままですので、身体に無駄な動きが生じないというメリットもあるんです。

 

 

 

ピッチエンドランの打ち方の上達はグリップにあり!

 

 

ピッチエンドランでコックを用いた打ち方のコツとメリットを語ってきましたが、まだ意識しなければならないことがあります。それはグリップにおいて左手をしっかりと握るという事です。

 

 

 

特に左手の中でも中指、薬指、小指の3つの指がポイントでして、これらの指をしっかりとグリップに強めに絡めるように握ることでコックをしても緩むという事が無くなります。

 

 

 

 

さらに細かく解説をしますと、コックにおける大事な握り方はこの3つの指だけであり、他の親指と人差し指、右手の指は軽く添えておくだけで構いません。

 

 

 

逆に、全ての指に力を入れてガチガチにグリップをしてしまいますと、力が加わり過ぎてクラブを上手く操ることが出来なくなってしまいますので、ミスショットの原因になってしまうんです。

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加