距離を出したいピッチエンドランのやり方

距離を出したいピッチエンドランのやり方

 

 

グリーン周りにボールを乗せたら、転がして寄せることが出来るのかを第一に考えます。

 

 

 

ランニングショットで転がしていく場合が多いのですが、場合によっては距離を出したいピッチエンドランを用いて攻略して行くことも考えられます。

 

 

 

ランニングショットよりもこちらの方が安定する時があるのも私の経験上多数あります。

 

 

 

さて、このような距離を出したいピッチエンドランはどのようなやり方をしていけばいいのでしょうか?

 

 

 

距離を出したいピッチエンドランの構え方

 

 

ピッチエンドランで距離を出すためには、やはり普通のピッチエンドランと比べてみてもやり方から何まで全然違うのー?と思われるかもしれませんが、そういう訳ではありません。

 

 

 

普通のピッチエンドランとは根本となる部分は同じなんですけど、どこが違うのかと言いますと構え方が多少異なるんですね。

 

 

 

 

ボールの位置を右足のつま先の真ん前にセットをしてハンドファーストに構えましょう。

 

 

 

どうして、右足のつま先の前にボールをセットをする必要があるのか?

 

 

 

それは、身体の中心線の右寄りにボールを置くことでロフトが寝ずに立った状態でのインパクトとなる訳ですので、ボールが落下した後に転がりやすくなるからなんです。

 

 

 

また、すくい上げる訳でもありませんので、ダフるという現象も起こりにくくなるのがこの距離を出したいピッチエンドランのやり方。

 

 

 

 

そして重要なのが、フェースはやや開き気味にして構えます。フェースを開くことでソールを上手く使ったスイングを行う事が出来ますし、逆にフェースを開かないままスイングを行ってしまいますとザックリがでやすくなってしまいます。

 

 

 

 

フェースを開いたとしても、ボールは身体の右側にセットしていますので心配しなくてもボールは十分な転がりを見せてくれることでしょう。

 

 

 

打ち方は右の手首をしっかりと固定したまま、アドレスで作り上げた手首の角度が変化することなくスイングを行うように意識をします。

 

 

 

ですので、他のアプローチショットとは違いコックをしないのがこのピッチエンドランのやり方。手首をしっかりと固定しながらのスイングが、アドレス時の状態へと逆戻りさせてくれるのです。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加