ロブショットのコツを余すことなく大公開!

ロブショットのコツを余すことなく大公開!

 

 

ロブショットと言うのは、ピッチショットよりもさらにボールを高く打ち上げるような感じのスイングをします。

 

 

 

グリーン上で落下後にピタリと止めたいという時に必要になるショットです。グリーン周りにヘビーなラフが多いような場合は時として、このロブショットを行っていくんですね。

 

 

 

ですが、このロブショットと言うのはバンスの多いサンドウェッジでは上手く行う事が出来ないんですよ。フェース面を大きく開いて行く必要がありますので、バンスが多い分フェースを開いた時にバンスが邪魔になってしまうんですね。

 

 

 

これではインパクトの際にバンスがはねてしまいますからミスショットに繋がりやすいのです。

 

 

 

今回はそんなロブショットを成功させるコツをお伝えします!

 

 

 

ロブショットを成功させるコツとは?

 

 

  • フェースを大きく開いた構えを取り、スタンスもよりオープン気味に
  •  

     

    フェースを大きく開いて構えます。最終的にはかなりのオープンスタンスになる感じですね。オープン度の目安としましては左足を一歩後ろに引いたくらいになります。

     

     

     

  • スタンス幅を広めに取る
  •  

     

    ロブショットではスイング幅は比較的大きなものとなりますので、スタンスはやや広めに取り安定した基盤を作らなくてはいけません。

     

     

  • ボールの位置は左のかかとの延長線上に
  •  

     

    ボールはなるべく身体の中心線よりも左側にセットをすることで、インパクト時に実行ロフトが寝るような形を取りますから、その結果ボールは高い軌道を描いて飛んでいきます。

     

     

    左にセットをする限界点は左のかかとの延長線上であるということを覚えておいてください。それよりも左側に行ってしまうと、ボールが左側に大きく逸れるミスショットの原因となってしまいます。

     

     

  • 体重配分は右足に傾ける
  •  

     

    体重を身体の右半身へと傾けることで、実行ロフトが寝る形となりますからボールは高く上がりやすくなります。

     

     

    目安としましては、右足:左足を7:3ぐらいでしょうか。細かな数値は目安として捉えてあまり意識しなくてもいいです。右側に体重を乗せるということを意識してロブショットを行っていきたいですね!

     

 

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加