ロブショットのアドレスからスイングまでの流れ

ロブショットのアドレスからスイングまでの流れ

 

 

ロブショットというのは高難易度のアプローチショットでした、ゴルフ初心者から脱却した中級者以降の熟練者であっても苦戦することがかなりあります。ですので、当然のようにハイレベルな技術が必要となる訳です。今回はそんな技術が大事なロブショットにおけるアドレスからスイングまでの流れについて、私なりに解説をしていこうと思います!

 

 

ロブショットのスタンスは?

 

まずは、出来るだけ目線は高めにしてスタンスを取るようにします。この目線を高くして構えるという事がポイントであり、ボールをどこまで打ち上げるのかと目標方向を想定して、そこに目線を置くようにして構える訳です。

 

 

 

実際に今この段階で試してもらえば1発で分かるのですが、これを実践することで意識をせずとも自然と体重は身体の右半分にかかる上に、右肩が下がるようになりますのでボールを高く上げるためのスタンスが必然的に行う事が出来るという訳ですね。

 

 

ロブショットのフェース面はどこに向ける?

 

 

また、フェース面は正面ではなくやや右側に向けることで狙った所へとボールを落とすことが出来ます。

 

 

 

その理由としまして、目標から見るとだいぶカット気味の打ち方をしますので、フェース面がほんのわずか右側を向いたくらいの状態であれば、理想とする方向へ飛んでいくようになるんですね。

 

 

 

これがもしも、アドレスを行った際に真っすぐ飛ばそうとボールを落とす進行方向に身体を向けているのであればロブショットのスイングを行った時に、目標よりも左側に飛んで行ってしまうんですよ。これはまだロブショットに慣れていない方に非常に多く見られる現象です。

 

 

そして、左腕を中心としたボール運びを心がけます。右腕はあくまで添えたまま、左手を中心としたスイングを行う事でフェースにボールを乗せて運ぶようなショットが実現できるという訳なんです。

 

関連記事:ピッチエンドランの打ち方はコックを使う事がコツ!

 

 

 

フィニッシュで身体が目標方向に正対するほどしっかり回しきっておくことでまるでフェースにボールを乗せたまま運んでいけるようなショットが出来るようになるんです!

 

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加