ロブショットで安定する打ち方は空間を把握すること!

ロブショットで安定する打ち方は空間を把握すること!

 

 

ロブショットで安定したショットを実現するためには、ボールのライがどのような状況になっているのかを把握しなければなりません。

 

 

 

要するに、ロブショット1つを行うにしても打つことが可能な状態やそうでない状態、もしくは打ち方を改善すれば技術で何とかなるの3種類の状態があるんです。

 

 

 

出来る出来ないの具体的な判断方法と言うのは、ボールの下にどれくらいの空間が残されているのかということ。

 

 

 

ロブショットとはヘッドをボールの下に潜り込ませるように行うショットですので、ここに空間がなければ打ち方を変えたところでボールを高く打ち上げることは出来ません。

 

 

 

つまりボールと地面に隙間がほぼないようであれば諦めなければならないのがまず第一条件。

 

 

 

ロブショットの打ち方はフェース面を意識する

 

 

 

ボールを直接打とうとしてしまいますと思った以上に力が加わってしまい飛び過ぎの原因となりますし、高く上がらなくなってしまいます。

 

ロブショットを安定して行うためには、普通にボールを飛ばそうと思うのではなくバンカーと同じ要領で行う事が大切になってきます。

 

 

 

これをさらに詳しく説明しますと、ボールの手前からヘッドを潜り込ませる、要するに意図的にダフらせるような打ち方を行うんですね。

 

 

 

バンカーの場合であれば、エクスプロージョンショットでヘッドをボールの前にドンと落としていくような打ち方をするのですが、ここではヘッドは手前からシュッという感じに滑らせるような打ち方を行います。

 

 

 

この時に意識をしなければならないのは、フェース面にボールを乗せるイメージを持ったままヘッドをくぐらせるということ。ただくぐらせるという感覚だけでスイングを行ってしまいますとボールの下の空間が予想以上に大きかった場合、ヘッドがボールの下をくぐりぬけてしまいますので2度打ちの原因となってしまいます。

 

 

 

インパクトからフィニッシュまで

 

 

ロブショットではボールは身体の中心からやや左寄りにセットをしますが、この時グリップがボールよりも前に出ないように注意してください。高さが出ない原因となってしまいますので。

 

 

 

グリップを中心にして手をその場に残す感覚を持ちながらヘッドのみを回転させていきます。スイングの大きさに関して言えば、フェースを開いてロフトは寝かせているので飛ばないんですね。ですので、その分スイング幅を大きくするんです。最後にフィニッシュではしっかりとクラブを振り抜くことを意識しましょう。

 

 

 

特に、テークバックよりもフォロースルーを大きく取るような意識で振り抜きます。もしも、ロブショットを行った時にフォロースルーが小さくなってしまうとヘッドが走らなくなりますのでボールがなかなか思うように上がってくれないんですよね。

 

 

 

そして、クラブを振りきる時には右足に体重を残したまま振り切るような意識を持ちましょう。どうしても右足に体重が乗る感覚をつかむことが苦手だ・・・という方は頭を後ろに残すようにします。

 

 

 

頭は重いですので後ろに残るようになると意識をせずとも自然と右足に体重が残るようになります。逆に、フィニッシュ時に頭が前へと出てしまいますと、左足に体重が乗ることになりますから気を付けなければなりません。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加