ランニングアプローチでスピンを上手にかける方法

ランニングアプローチでスピンを上手にかける方法

 

 

ランニングアプローチでスピンを上手にかけるためにはどのような打ち方を心がければいいのでしょうか?

 

 

まず、ボールは身体の中心線から右寄りにセットをして、ロフトを立ててハンドファーストにして構えます。そして体重配分としましては左足:右足を7:3と左足に重心を寄せます。

 

 

 

このような状態を取ることで、ボールが浮き辛く強く狙った位置に低い弾道で飛んでいくという事になるんです。

 

 

 

使用クラブは7番〜サンドウェッジぐらいまでを使いたいですね。ランを出したいのであれば7番と言ったところでしょうか。以下、欄をどの程度にしたいかにより使うクラブを微調整して変更して行きます。

 

 

 

 

ランニングアプローチでスピンをかける打ち方

 

 

では、どのような打ち方をすればランニングアプローチでスピンを上手くかける事が出来るのでしょうか?

 

 

上手にスピンをかけるための打ち方としましては、コックを上手く利かせながらボールの側面をちょこんと叩くようなイメージで行います。

 

 

 

はらい打つという訳ではなく、上からスイングをして行きボールのギリギリのところに対してヘッドを潜り込ませるという感覚を持つと分かりやすいかと思います。

 

 

 

鋭角なスイングを伴っていますのでボールにスピンがかかりやすくなるという訳ですね。

 

 

この打ち方をするとダフりが起こる確率もある訳ですが、身体の回転をメインにして左腕をリードで左手の側面をボールを飛ばしたい方向に振り抜くことで防ぐことが出来ますよ。

 

 

 

 

ランニングショットが優れている点は、ライの状態が多少悪かったとしても打つことが出来る点にあります。

 

 

 

スイングは身体の回転を中心に行う上に、コックを上手く利かせたショットをしますので、ライの状態が悪くダフったとしてもヘッドがダフりに負けることなくヘッドがボールを捉えることが出来ますので、スピンがかかった上手なショットが打てるという訳です。

 

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加