ランニングアプローチを難しいと感じた時に

ランニングアプローチを難しいと感じた時に

 

 

ランニングアプローチを難しいと感じている人は少なからずいらっしゃると思います。どのようにすれば難しいと感じないようなアプローチショットを行うことが出来るのでしょうか?詳しく解説を行っていきます。

 

 

 

今回のページではストローク式のパットを行う要領で行う打ち方です。

 

 

 

この打ち方はかなり確実性が高く、精神的にもプレッシャーが大きくのしかかった場合などにその真価を発揮します。

 

 

 

ミスショットをを起こす可能性も低めですので、難しいと感じている方には是非ともおススメしたいのですが、パットと同じようなスイングですので、芝が深くボールが沈んでいるような場合ですとあまりこの打ち方を実践するのは好ましいとは言えません。

 

 

 

また、芝に食われやすいですからボールからグリーンまでの距離が長い時も不向きであると言えます。

 

 

左右対称のストロークを心がけよう

 

 

このショットではランニングアプローチでスピンを上手にかける方法で解説したのとは違い、体重配分としましては左足:右足が5:5の均等になるようなアドレスをします。

 

 

 

要するにアプローチショットと言うよりかは、どちらかと言うとパットの時と同じような体重配分と構え方をするんですね。そして、ボールの位置も身体の中心線の真ん前に来るようにセットします。

 

 

 

 

 

使用クラブは基本的に7番、8番、9番の中から自分の得意なクラブを使って貰って構いません。クラブを構える時は吊気味にして両肘は完全に伸ばすことなくやや曲げて筋肉が緊張しないようにリラックスをして構えます。

 

 

 

そして、ストローク式のパットを行うかのように腕と肩が織りなす5角形の形を崩さないようにして、左右対称になるようにストロークを行います。

 

 

 

 

スピンをかけるようなランニングアプローチとは違い、鋭角的なスイングをしてヘッドを落とすことはありません。ボールの手前5cm程の位置からクラブを芝の上を滑らすようにヘッドを入れて行き、ボールの側面を払い打つようにします。

 

 

 

ただ、注意しなければいけない点としましては、ランニングアプローチで払い打つというイメージを強く持ちすぎてしまうことで左の肘が引けてしまいます。

 

 

 

グリップとしましては、通常のアプローチと同じような握り方をしても構わないですし、パットの時と同じグリップをしてもコン代はありません。何度も練習をして自分にしっくりくるグリップをすることで、ランニングアプローチを難しいと感じることなく思い通りの場所にボールを狙う事が出来ると思っています。

 

 

 

ヒールを若干浮かせることが難しいと感じないコツです

 

 

上述のとおり、このスイングで用いるクラブは7番、8番、9番までで、サンドウェッジは極力使用しないようにあしましょう。なぜならば、サンドウェッジはボールが上がり過ぎてしまいますので、このランニングアプローチには向いていないと言えます。

 

 

 

 

グリップは両手を左右に大きく開いて、パットと同じ握り方を。そして、スイングがシンメトリーになるようにして機械的にシステマティックにスイングを行います。この時、クラブのソールは地面にべったりと付けてはいけません。

 

 

 

ヒールの部分を若干浮かせて構えるようにします。なぜヒール部分を浮かせるのかと言いますと、ソールの接地面積が通常に比べると少なくなりますから、結果的にダフりが起こらないスムーズな振り抜きが実現できるという事です。

 

 

 

もしもランニングアプローチに苦戦しており難しいと感じているのであれば、是非ともこのショットを練習してみて下さい!

 

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加