斜面からのアプローチを上達させるためのコツを大公開!

斜面からのアプローチを上達させるためのコツを大公開!

 

 

斜面からのアプローチショットがなかなか上手くいかないと嘆く方は多くいらっしゃいます。

 

 

 

グリーン周りと言うのは常に平坦に保たれている訳ではなく、場合によってはグリーンの側面に山肌があったり、砲台グリーンなどと斜面からのアプローチを余儀なくされる状況に追いやれることも決して少なくはありません。

 

 

 

ですが、ここで変に斜面だから・・・と意識をする必要もないんですよね。斜面からのアプローチショットと言うのは、余程通常のショットでは打つのが不可能だなと感じることがない限りは、通常のアプローチと同じ方法を取って頂いても問題はありません。

 

 

 

 

グリーン周りの斜面となると、左足が下がって右足が上がるといういわゆるダウンヒルライのシチュエーションが多いと言えます。

 

 

 

その逆の、右足が下がり左足が上がるというアップヒルライはそれほどないと言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

斜面に逆らうことなくアプローチを行う

 

 

左足下がり、右足上がりのこの2つに共通して言えることとしまして、斜面に逆らってアドレスを行わないという点が挙げられます。

 

 

 

斜面からのアプローチで特に大事になってくるのが、ヘッドを斜面に沿って走らせるという事。

 

 

 

通常の打ち方をしてしまいますと、ダフりやトップの原因となってしまいがちなのですが、このように斜面の形状をしっかりと把握し、ヘッドを走らせるようにボールを打つことでミスショットの原因となるダフりやトップを抑えることに繋がるんですね。

 

 

 

そして、斜面に対してヘッドを沿うように走らせるためには、斜面に逆らわずに地形に沿ったアドレスをしなければ成功する確率はぐんと低くなってしまう訳ですよ。

 

 

 

 

通常、人の身体というのは重力に対して真っすぐに立とうとしますよね。ですから、斜面に対してアドレスをしようと思うのであれば、意識的に身体の軸を斜面に対して垂直に構える必要があります。

 

 

 

 

より詳しく解説をしていきますと、膝と腰、さらには肩のラインが斜面に対して平行になるようなスタンスを取ります。重力に従うかのように、右足を曲げて左足を突っ張るように構えるのはNG行為であるという訳なんです!

 

 

 

斜面でのスイングのコツとは?

 

 

斜面に対して垂直になるようにアドレスを取ると良いですよ!という内容について解説を行ってきました。さて、次にそれぞれの斜面でのスイングについての解説を行っていきますね。

 

 

 

斜面でのショットは前述した通り、重力に逆らうようなアドレスを取る訳ですから足場が不安定になります。

 

 

 

これではどのような現象が起きるのかと言いますと、身体に無駄な上下運動が生じてしまう訳なんですよ。

 

 

 

それを防ぐためにはどうすればいいのか?

 

 

 

それは、通常の平坦な場所で行うアプローチのスタンスよりも、若干広めに取り、さらに下半身を落とし気味に低めに構えます。そうすることで安定した土台を作ることが出来るという訳ですね。

 

 

 

そして、両足の内側の筋肉をフルに活用して、自身の体重を受け止めて体重が身体の外側へと移動しないようにスイングを行うんです。

 

 

 

この時に体重が身体の外側にかかってしまうことで、一気に土台が崩れてしまいますのでミスショットを誘発するようなスイングになってしまうんですね。

 

 

 

クラブの持ち方だって、気を抜いてはいけません。通常よりもおよそ5cm短く持ってコンパクトなスイングを心がけます。斜面で打ちづらいからと言って大振りするのは厳禁です。

 

 

 

そして、グリップエンドと身体の感覚を保ったままにしておき、グリップエンドが常に身体の正面を指すようにして、斜面に沿ったスイングを心がけて行きます。

 

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加