チップインを狙うためのアプローチであればヘッドを意識せよ!

チップインを狙うためのアプローチであればヘッドを意識せよ!

 

 

まずは、パッティングを行う時どう打つのかを思い浮かべてみて下さい。

 

 

 

パッティングではヘッドを可能な限り真っすぐに引き、真っすぐ出すという打ち方をしますね。なぜパッティングではこのような打ち方をするのか?

 

 

 

それはこの打ち方が最もボールを確実に狙った所へと運ぶことが出来る方法であるからです。

 

 

 

今回はその打ち方を応用し、チップインを狙うためのアプローチについて解説をしていきます!

 

 

チップインを成功させるためのグリップの握り方

 

 

ヘッドをブラさずに真っすぐに引いてブラさずに真っすぐに打ち出す。これがゴルフにおけるスイングの理想的な形となります。

 

 

 

ですが、あくまで理想論であり、身体を回転させて打つゴルフのスイングにおいて、この動きをするにはどうしても無理があるんです。

 

 

 

どうしてかと言いますと、テークバックから身体を回転させるという行為では、クラブはボールに対して真後ろに引いていくのではなく、インサイド気味に引いていくからなんですね。

 

 

 

この無理な状態でのスイングが、真っすぐ引いて真っすぐ打ち出すというアプローチショットなのですが、この理想的なスイングを実現させるためには、まずグリップをその動きに対応できるような握り方をしなければなりません。

 

 

 

 

そうでなければアプローチショットでチップインを行うのは難しくなってしまいますから・・。

 

 

 

では、チップインを狙うためにはどのようなグリップを施すことでその問題が解決されるのでしょうか?

 

 

 

それは、左手を開き右手を被せると言ったウィークグリップにするんです。このウィークグリップと言うのがポイントでして、右手が楽に動かせるようになるんですよ。

 

 

 

この右手を使いやすくするグリップこそがアプローチショットでチップインを出すためのポイントとなるんですね。

 

 

右手を中心としたスイングは正確性が増す

 

 

ゴルフのスイングは通常でしたら左手をリードして行います。それはドライバーショットなどに留まらずアプローチショットでも例外ではありません。利き腕である右手を中心としたショットを意識してしまうと、どうしても腕の力に頼ったショットになるため手打ちになりがちなんですね。

 

 

 

 

ですが、今回のように例外もあり、ボールに対して真っすぐ引き真っすぐ打ち出すスイングと言うのは右手を優先して動かしていきます。このショットは確実に正確性を出すための打ち方であり、なおかつ身体の回転に逆らおうとするショットですから、利き腕である右手リードでヘッドを正確にボールへと当てて行くのです。

 

 

 

利き腕である右手を中心に動かす訳ですから、インパクトの位置とタイミングがパーフェクトであるならば、方向性、距離感とも抜群に上達して行くんですよ。

 

 

 

 

ですが、欠点もあってタイミングがちょっとでもずれてしまいますと、ダフりやトップの原因となってしまうため打ち方をマスターするまでは何度かミスをすることもあるかと思います。

 

 

 

 

具体的にはどのようにして打っていけばいいのだろうか?

 

 

 

それは、フェース面を目標にスクエアに合わせましたら、あとは右手を中心にヘッドを真っすぐに引いていき、アドレスで作った構えを逆再生するかのようにインパクトをして、インパクトが終わった後もヘッドを目標方向に対して真っすぐ押しだしていくというやり方です。

 

 

 

ただ、右手を用いて目標方向へとスイングをして行きますから、インサイドに振り抜いていく左手グリップと右手が離れてしまう事も考えられますので、注意をしなくてはいけません。

 

 

 

ですが、チップインを狙うためのアプローチショットとして極めて優秀な打ち方。是非とも練習をしていき、綺麗なチップインを成功させることを目指して頑張って行きましょう!

 

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加