アプローチショットで距離感を出すためには?

アプローチショットで距離感を出すためには?

 

 

ドライバーショットよりも、アプローチショットの方が距離感を出すのは難しい・・・と感じている方も多いのではないでしょうか?実際にも、初心者だけでなくゴルフの熟練者でもアプローチショットで完璧に距離感を掴むことは難しい作業であると言えます。

 

 

 

さて、アプローチショットでどのように距離感を出していくかについてですが、基本的にはテークバックの大きさで調節をしていきます。その上でインパクトにおける微妙な強弱をプラスさせて、プラス1ヤードだとかマイナス2ヤードなどといった微調整を付け加えて行くことになります。

 

 

 

距離感を出すためにフルショットを基準にして

 

 

例えば、サンドウェッジでのフルショットが80ヤードであるとしましょうか。そして、その振り幅がどれくらいであるのかという事をきちんと頭の中へとインプットさせていく、そこから徐々に力を弱めつつ距離感を出していきます。

 

 

 

要するに、フルショットの80ヤードを基準にして、40ヤードにするにはどれくらいの力を加えて行けばいいのかという、トップの大きさの物差しを作って行きます。ちなみにですが、この物差しの基準は10ヤード刻みに設定を行いますと、より正確な距離感を導き出すことが出来ますよ。

 

 

 

どうして、トップの大きさを基準にしていくのでしょうか?それはちょっと抑えたボールを打つときはフォロースルーを低くすると言った微妙にその大きさが変わってきてしまうからなんですよね。

 

 

 

 

ですが、トップの大きさって常に一定じゃないですか。ですから物差しとしての判断が非常に行いやすいんです。

 

 

 

 

そして、振り幅と関連するような感じでスタンスの幅を変えて行きます。ふり幅が大きくなっていくのであれば、スタンスの幅もそれにつれて広くしていくと言った感じですね。

 

 

 

当然のことですが、ピッチエンドラン、ロブショットなどの打ち方でふり幅とスタンスの幅を変えて行く必要はあります。

 

 

 

 

さらに目盛りを細かくつけて行き、自分だけの距離感を作る

 

 

距離感とは、基本的には自分自身がどれだけ基準となる物差しを持っているかでより正確なショットが打てるようになるかが決められてくると思うんですね。

 

 

 

ピッチエンドランでもそうですし、ロブショットなどのそれぞれの打ち方の距離の物差しもそうですし、サンドウェッジなどの番種別の物差しも必要となってきます。

 

 

 

また、テークバックの大きさが距離を測る上で最も大切な要素となる訳ですが、それだけですべてに対応したのであれば正確に距離感を掴むことは難しいと思います。

 

 

 

インパクトの微妙な力加減やフォロースルーの大きさで微調整するための物差しも所持しておく必要があります。その上、その物差しでさえも出来る限り目盛りが細かく刻み込まれたものでなければ、正確に距離感を把握してボールを飛ばすことは出来ません。

 

 

 

やはり、これらの物差しの目盛りを知る感覚と言うのは経験で学んで行くしかありません。最初から完璧に距離感を把握できる人なんていないですので、ゴルフ練習場とコースの中でしっかりと距離感を出すんだ!という意識をもっていれば、いつかは自分の中で鮮明に刻み込まれた目盛りが所持できるようになるはずです。

 

 

 

思い切って打つことが距離感を掴むためのコツ!

 

 

アプローチショットで絶妙な距離感を出すために他に意識すること、それは躊躇せずに思い切ってボールを打つという事です。

 

 

 

 

ゴルフのレッスンに通っている人であれば、イメージを出し過ぎないようにして打つ、というような言葉を聞いたこともあるのではないでしょうか。アプローチを行う時には、コースを攻略するために球筋などをイメージをしていくのですが、このイメージ一つとっても出し過ぎてしまうとミスショットをするなどの失敗に繋がってしまいます。

 

 

 

 

ちょっと難しく感じるかと思いますので、さらに細かく説明をしていきますと、自分の中でイメージを持ちすぎてしまうことで、そのイメージばかりが頭の中で渦巻いてしまいインパクトを緩めてしまいがちになるんですね。

 

 

 

ヘッドにボールを上手に乗せなければ!という感じでふわっと打とうとするのですが、自分の中で意識が回らない内にインパクトの瞬間にすっと力が抜けてしまう方が多いんですよ。

 

 

 

ですが、これを行ってしまいますとヘッドに勢いがなくなってしまいますから、ザックリやトップなどといった原因に繋がてしまうんですよね。

 

 

 

 

そうなってしまうのであれば、インパクトの瞬間にも力を緩めることなく思い切ってガツンと打つことにより、ヘッドに勢いがつきますからダフりやトップが多少起きたとしても問題なくスイングが出来るという訳ですね。

 

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加