ドライバーのスイング

ドライバーのスイング記事一覧

腕を使うのではなく、肩を中心としたスイングを心がける

クラブを用いてボールを打つという事は、ドライバーだけでなくアイアンやパターなどでもそうなのですが、とりあえずスイングをして当てればいいという訳ではなく、いかに綺麗にかつ無駄がなくボールにヒットをさせる事が必要となります。これを実現させるためには、両腕に力を込めて思いっきりスイングをするといういわゆる...

≫続きを読む

ドライバースイング上達へのポイントは体重移動と左ワキの閉め

ドライバーのスイングをコンパクトに行うためには、肩や背中などを大きく使用することが大事になります。このように肩を大きく利用したスイングを心がけることで、上半身が捻転してくるため結果的に非距離が増しますし、狙ったポイントへとボールを飛ばすことが出来るという訳ですね。このような動きをスムーズに行っていく...

≫続きを読む

背筋はしっかりと伸ばし姿勢はあくまでも自然な形で

ドライバーのスイングを改善して、飛距離を出して狙った場所へとボールを落とすためには身体をどのように使うのかを考えるのも大事になるのですが、それ以前にスイングを行うための姿勢が出来ていないとこれらの技術は全く活きてきません。特にですね、まだまだゴルフに対して経験が浅い人とか結果が出ずに伸び悩んでいる人...

≫続きを読む

テークバックを行う時には手首はあまり意識をせずに!

ドライバーショットを納得のいく形として実現するためには、手首の使い方も重要になってきます。まず重要になるのが、手首のスナップをテークバックの段階では使わないということにあります。もしも、テークバックの初期段階で手首のスナップを利かせてしまいますと、半径が短くなりスイングアークは小さなものとなってしま...

≫続きを読む

がに股状態を保ちつつスタンスはやや広めに取る事

ドライバーショットとしてボールを遠くにかつ正確にショットをするためには、クラブを握った後どのような動きを取るのかということがとても重要になります。より上手くスイングを行わなければいけないという思いから、どうしても身体の軸が横にぶれたり前後にぶれたりしてしまうと正確にボールを捉える事ってすごい難しくな...

≫続きを読む

左右の足に均等に体重をかけることでブレない軸を作る

がに股状態を保ちつつスタンスはやや広めに取る事のページで解説してきたように、スタンスをやや広めに取ってがに股状態のスタンスを取ったのはいいものの、体重移動に関して言えばどのように行っていくのが正解なのでしょうか?基本的には、スタンスを取りアドレスでの体重を両足にかける割合としては、5:5の均等になる...

≫続きを読む

ドライバーショットで狙った方向へと飛ばないのはなぜか?

ドライバーショットを行う際には、左ワキの位置とボールの位置が飛球線に対して垂直になるようにスタンスを取る事を心がけましょう。一時期前までは、左のかかとと飛球線が垂直になるようにと言われていたんですが、前ページの左右の足に均等に体重をかけることでブレない軸を作るでも解説した通り、足の幅を広く取るような...

≫続きを読む

ドライバーショットにおけるフェース面の重要性

ショットをした後にボールが右にスライスしたり、左方向へフックしてしまう・・・なかなか思い通りの場所へとボールを飛ばすことが出来ない・・・このように感じている人はいないでしょうか?実際ドライバーショットから試合の流れは大きく左右されると言っても過言ではありませんね。ここで大きく出遅れてしまいますと、ラ...

≫続きを読む

ドライバーショットでの手首の動かし方って?

テークバックを行う時には手首はあまり意識をせずに!のページをよく見てみますと、手首はあまり意識しないようにテークバックを行っていくように。と解説をしましたので、ドライバーのスイングの手首の動きはバックスイングには必要ないのかー。と思われがちですが実はそういう訳ではありません。テークバックを行い、手首...

≫続きを読む

ダウンスイングでは足の踏み込みが成功させるためのカギ!

ドライバーショットが上手な人とそうではない人との違いと言うのは、実はこのダウンスイングの上手さによって大きく影響すると断言してもいいでしょう。上手い人と言うのはダウンスイングを行う際、左足を力いっぱい踏み込み、その後に左ひざ→左の腰→左の肩というように、左下から左上へとドライバーのスイングを効率よく...

≫続きを読む

フェアウェイウッドショットでミスを防ぐ打ち方とは?

フェアウェイウッドでのショットがダフりやトップのミスが多いと悲しみを背負っている人も多いようです。ですが、フェアウェイウッドというのは一度どのように打てばいいのかを手に馴染ませることが出来るようになれば、アイアンと比べてみてもはるかに楽にボールを打ち上げられるようになり、ダフりやトップでのミスが少な...

≫続きを読む