腕を使うのではなく、肩を中心としたスイングを心がける

腕を使うのではなく、肩を中心としたスイングを心がける

 

 

クラブを用いてボールを打つという事は、ドライバーだけでなくアイアンやパターなどでもそうなのですが、とりあえずスイングをして当てればいいという訳ではなく、いかに綺麗にかつ無駄がなくボールにヒットをさせる事が必要となります。

 

 

これを実現させるためには、両腕に力を込めて思いっきりスイングをするといういわゆる腕の力だけを使うのではなく、体全身を大きく使った回転の力を主体にクラブを動かしていくことが重要になります。

 

 

 

イメージをしてみてください。腕だけでスイングをするよりも、肩や背中、腹筋や下半身の筋肉をダイナミックに使った方が明らかに力を伝えるための効率が優れていることが分かるかと思います。

 

 

 

特に、クラブの中で最も長くロフトが小さなドライバーを用いて、ボールをスイートスポットで性格に捉えて、その上スライスやフックがかかることなく狙った地点へと落とすためには、腕だけの力(動き)だけでは上手くいかないんです。

 

 

 

身体の回転を上手く使うために、最も意識をしなくてはいけない部分と言うのが肩の使い方にあります。

 

 

 

トップスイングでは背中から肩にかけての筋肉を柔軟にフル活用をして動かし、左肩を顎の下へと持っていくようにし、ボールを打ち終わったフィニッシュの段階では右肩を大きくダイナミックに使い、肩甲骨を進行方向に向けられているようなスイングが出来るようになると、全身(特に肩周り)を大きく使えた力強いスイングが出来るようになりますよ!

 

 

 

クラブを握った両腕というのは、あくまでスイングを行うための補助的なものであると考えると分かりやすいかもしれないですね。肩を中心にスイングをした結果、自然と付いてきたという感覚という表現をすると分かりやすいと思います。

 

 

 

ただ、このスイングを実現するためには、身体が固い方ですと肩の可動域が狭くなってしまいますから、理想的なドライバースイングが出来ずに中途半端なスイングとなってしまいます。

 

 

 

やはり、ゴルフを上達させるためには身体の使い方は大事になってきます!日頃からストレッチ等を行い身体は柔軟に保っておきたいところですね。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加