ドライバースイング上達へのポイントは体重移動と左ワキの閉め

ドライバースイング上達へのポイントは体重移動と左ワキの閉め

 

 

ドライバーのスイングをコンパクトに行うためには、肩や背中などを大きく使用することが大事になります。このように肩を大きく利用したスイングを心がけることで、上半身が捻転してくるため結果的に非距離が増しますし、狙ったポイントへとボールを飛ばすことが出来るという訳ですね。

 

 

このような動きをスムーズに行っていくためには、どのような事を意識しなければならないのか?というのが今回の記事のテーマです。頭では分かっていても実戦に移すことが出来なければ、その知識は全く無駄な物となってしまいますし・・。

 

 

 

体重移動でスムーズな動作移行へ

 

肩を大きく動かすために必要な事、それは体重移動を意識することにあります。クラブを後ろへと動かす動作であるテークバックでは、自身の体重を右足に乗せて体の中心軸からやや後ろ寄りになるようにします。

 

 

 

そして、トップスイング状態になりましたら、自分の体重の全てを右足の太ももに乗せるようにし、この時左足にはほとんど体重が乗っていないという状態ですね。

 

 

 

そして、トップスイングからダウンスイングに移っていく際には、右足にかかっていた体重を左足に移していくことになります。

 

 

 

ですが、一気に左足へと体重を移していけばいいのかと言われるとそういう訳ではありません。ただ、体重を移すだけではウエイトを活かしたスイングを行う事が出来ず、全くもって無意味な動作をしていることになるんですね。

 

 

要するに身体の動きと体重移動をぴったりと合わせること。これが完璧に出来るようになることで、力強いスイングからの圧倒的飛距離を生み出すことが出来ます。

 

 

 

左ワキの閉めも重要なポイント!

 

肩を大きく使ったドライバースイングをスムーズに行うために重要なのは体重移動だけではありません。

 

 

左ワキの使い方もこれに大きく関わってくるんです。身体の回転につれて、腕とクラブが理想的な軌道を描くようにするためには、左ワキを開かないようにしっかりと閉めておくことが重要です。

 

 

 

一度スイングをしてもらえば分かるんですが、左ワキが閉まらずに開いた状態になっていますと、クラブのスイングの軌道がものすごく安定しないということが理解頂けるかと思います。

 

 

 

ボールと進行方向に対して平行にスイングをすることが出来ずボールを正確な位置で捉えることが出来なくなってしまいますのでスライスなどのミスショットの原因となってしまう訳なんですよ。

 

 

 

一方、ワキをしっかりと閉じた状態でのスイングは、スタンスがしっかりと取れていれば余程のことがない限り、スイングにブレが生じることはなくなるはずです。

 

 

 

左ワキを閉めてスイングをすることの目的は、利き腕である右腕が勝手な動きをしないようにさせるために、安定をさせるという役割があるんです。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加