背筋はしっかりと伸ばし姿勢はあくまでも自然な形で

背筋はしっかりと伸ばし姿勢はあくまでも自然な形で

 

 

ドライバーのスイングを改善して、飛距離を出して狙った場所へとボールを落とすためには身体をどのように使うのかを考えるのも大事になるのですが、それ以前にスイングを行うための姿勢が出来ていないとこれらの技術は全く活きてきません。

 

 

特にですね、まだまだゴルフに対して経験が浅い人とか結果が出ずに伸び悩んでいる人というのは、

 

 

 

  • 遠くに飛ばしたい
  • スイートスポットに当てよう
  • とにかく力任せにスイングしよう

 

 

 

という考えに捉われ過ぎているんです。

 

 

 

このようなことばかりを考えていますとついついフォームは乱れがちになり、傍から見てもとてもじゃないですが正しいフォームであるとは判断できず、無意識に前かがみの姿勢になっていたり、背中がきょとんと丸くなっているいわゆる「猫背」のような状態になっている方が非常に多くいらっしゃると感じています。

 

 

 

確かにドライバーショットをする上では、遠くに飛ばしたいとかミスショットをしないようにとかを考えるかと思うのですが、まず大切なのが自然体にスタンスを取り、身体の重心は高めに保っておくことが重要になるんですね。

 

 

 

そのためには、背筋はピンと伸ばして胸を張り、股関節を若干前傾させ、お尻を突き出すようなイメージを持った構えにすることが大切です。

 

 

 

この構えを取った後に意識すべきこと、それは頭頂部から尾てい骨までのラインを一直線に保っておくことです。この時、左右にぶれてもいけませんし、猫背と言う形で前後にぶれてしまってもいけません。

 

 

 

自分の身体の中に鉄パイプを入れられた気分を味わいながらスタンスを取ると分かりやすいかと思います。このような軸はスイング軸と言われており、これを中心として重心を右に移したり左に移したりしていくという訳ですね。

 

 

 

猫背のままドライバーショットをすると

 

 

よく間違いを犯してしまいがちなのが、背筋はピンと張っているんだけれどもボールに集中するがあまり、首筋だけ垂れてしまっている状態。せっかく肩から下は理想的なフォームを取れているのに、首筋だけ姿勢が悪いというのももったいないものです。

 

 

 

この状態ではスイング軸がゆがんでおり、安定したショットを行う事が困難になってしまいまうんですよ。ボールは大きく逸れるわ、飛距離は伸びないわでいい事は何一つありません。

 

 

 

では、どのようにして頭頂部から尾てい骨までのラインを一直線に保てばいいのか。それは、ボールを見る時は伏し目がちにすること。これにより、重心を高いフォームを保つことが出来ますし、肩周りを使った理想的な軌道を描いたスイングが出来るようになるという訳です。

 

 

 

やはり何事においても姿勢は大事です。猫背な人はどことなく自信がないように見えませんか?

 

 

 

私は、猫背な人でゴルフが上手な人を見たことがありません。ゴルフにおいてプレッシャーに打ち勝つことは非常に大事なのは実際にプレーをしている方なら分かると思います。

 

 

 

自信の無さが猫背へと繋がり、自信がないからいつまでもゴルフが上達しない。私はそのように感じております。もし、あなたが猫背であり理想的なスタンスを取ることが出来ないのであれば、ミラクル姿勢改善術を試してみてはいかがでしょう。猫背が改善され思い通りのドライバーショットが出来るようになると確信しています。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加