テークバックを行う時には手首はあまり意識をせずに!

テークバックを行う時には手首はあまり意識をせずに!

 

 

ドライバーショットを納得のいく形として実現するためには、手首の使い方も重要になってきます。

 

 

まず重要になるのが、手首のスナップをテークバックの段階では使わないということにあります。もしも、テークバックの初期段階で手首のスナップを利かせてしまいますと、半径が短くなりスイングアークは小さなものとなってしまいます。

 

 

 

それだけではなく、本来理想的な軌道を描くスイングの動作が行えなくなってしまいますから、スイートスポットでボールを捉えることも困難になってしまうんです。

 

 

 

このような現象が起こる背景には、やはり腕を主体としたスイングを行っていることが原因として挙げられるんです。ではどのような手首の動かし方をすればいいのでしょうか?

 

 

 

ボールに対してスタンスを取りましたら、まずは左肩からグリップにかけて固定をし、一体化させてしまいましょう。要するに、左の肩とグリップをしているクラブを別々のものではなく、一つの新しい道具であるという認識を持ったままテークバックを始めるように意識して行きましょう。

 

 

 

クラブを動かすのは腕の力ではなく、左肩を大きく使う事で自然と付いてくるものだと認識をしておくことが大切です。この時に、クラブのヘッドを外側へと押し出すように意識しておきますと、クラブヘッドが描くスイングアークはより大きくなっていくはずです。

 

 

 

そして、手首のスナップを利かせ始めるのは、手首が腰の高さへと移動した時で大丈夫です。その後、ダウンスイングへと移行する際に、手首上手く利用することで力強くドライバーショットを行う事が可能になるんですね!

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加