がに股状態を保ちつつスタンスはやや広めに取る事

がに股状態を保ちつつスタンスはやや広めに取る事

 

 

ドライバーショットとしてボールを遠くにかつ正確にショットをするためには、クラブを握った後どのような動きを取るのかということがとても重要になります。

 

 

 

より上手くスイングを行わなければいけないという思いから、どうしても身体の軸が横にぶれたり前後にぶれたりしてしまうと正確にボールを捉える事ってすごい難しくなってしまうんです。これを防ぐためにも、スイングの基盤となる下半身の構えと言うのはとても大事になってくるんですよ。

 

 

 

どれぐらい足幅を広げればいいの?

 

一般的に行われている両足のスタンスの取り方が、肩幅よりもやや広めに取ると良いと言われているのですが、実際にはそれよりも気持ちもう少しだけ足幅を広く取ることで、上半身と下半身の動きが連動しやすいということが分かっています。

 

 

 

ですが、ここで気を付けなければならないのが、あまり足幅を広げ過ぎないという事。これにより、上半身の動きに制限がかかってしまうため、十分な可動域からのスイングを行う事が出来なくなってしまいます。

 

 

 

足幅を広げ過ぎず広げなさすぎず。理想的な足幅はテークバックを行った際に、左肩が顎の下まで十分に入る範囲内でスタンスを取る事になります。

 

 

 

スタンスを取る時のがに股は重要!

 

 

下半身の構えを取る時に大事なのは足幅だけでなく、両ひざの構えと言うのも見逃してはならないポイントになります。

 

 

 

これは特に、初心者や女性に多いパターンなのですが、下半身を安定させるためにと左右の膝を内側へと入れ込んでしまう人をよく見るのですが、このように膝を内側に入れ込むという行為は逆効果であり、下半身を安定させることは出来ないんです。

 

 

 

少しの体重移動が起きただけでも体は流された方向へと移動しやすくなってしまうんですね。これでは、テークバックを行った場合身体の軸は右側へ、ダウンスイングからフィニッシュに至るまでは左側へと軸が動いてしまいます。

 

 

 

これを防ぐための下半身をドカンと構え安定したスタンスを作るためには、膝はやや外側へと向け、がに股になるようなイメージを持ってスタンスを取ってみて下さい。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加