左右の足に均等に体重をかけることでブレない軸を作る

左右の足に均等に体重をかけることでブレない軸を作る

 

 

がに股状態を保ちつつスタンスはやや広めに取る事のページで解説してきたように、スタンスをやや広めに取ってがに股状態のスタンスを取ったのはいいものの、体重移動に関して言えばどのように行っていくのが正解なのでしょうか?

 

 

 

基本的には、スタンスを取りアドレスでの体重を両足にかける割合としては、5:5の均等になるように自然に立っている状態を意識します。

 

 

 

この時にはまだ体重移動は意識せずに、いかにリラックスをしていい姿勢を取りつつボールに集中できるかが大事になるという訳ですね。

 

 

 

ただ、ティーアップを兼ねたドライバーショットの場合であれば、ショットを行うために下から上へのアッパーブローという事になりますから、ほんのわずかだけ体重を右足に乗せておくのもいいかもしれないですね。気持ち的には右足:左足を6:4ぐらいの割合でしょうか?

 

 

 

このように場合によっては、右足に体重を乗せることもある訳ですが、左足に体重を乗せることはドライバーショットでは絶対に行ってはいけません。

 

 

 

可動域が狭くなってしまいますのでスイングアークが小さくなりますし、上から下へのダウンブローとなりやすいので、ミスショットに繋がりやすく、本来持っているポテンシャルを十分に活かすことが出来ないため、飛距離も伸びないですし狙った所へとボールを落とすことが困難になります。

 

 

 

体重を左右均等もしくはやや右足寄りに体重を乗せましたら、出来る限りボールの右側上部を見るようにします。こうすることで、バックスイングを行った際にも目標から視線がぶれることなく安定したショットに繋がるからなんです。

 

 

 

この時に重要なのが頭の位置をキープし続けること。しっかりとキープすることが出来れば姿勢が安定しますので、スイング軸が左右前後にぶれることがなくなります。

 

 

 

以上のように、アドレスの際両足を広めに取りがに股状態を保ちつつスイング軸をキープすることが出来れば、スエーを防ぐことが出来るようになりドライバーショットでスイートスポットを捉えることが出来る確率は一気に上昇します。

 

 

 

ミスショットを連発し、ボールがスライス気味になってしまう方は是非とも試してみて下さい。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加