ドライバーショットで狙った方向へと飛ばないのはなぜか?

ドライバーショットで狙った方向へと飛ばないのはなぜか?

 

 

ドライバーショットを行う際には、左ワキの位置とボールの位置が飛球線に対して垂直になるようにスタンスを取る事を心がけましょう。

 

 

 

一時期前までは、左のかかとと飛球線が垂直になるようにと言われていたんですが、前ページの左右の足に均等に体重をかけることでブレない軸を作るでも解説した通り、足の幅を広く取るような場合ですと、左ワキの前にティーアップをすることで最も効率よくボールに対してパワーを送ることが出来るからなんです。

 

 

 

もしも、この位置よりもやや前方にボールを置きますと左に飛びやすくなったり、後方の場合であるならば、右側へとボールが飛んで行ってしまう原因になってしまいます。

 

 

 

つまり、自分が思っているところへと飛ばず、ミスショットの原因となってしまいますのでティーアップするボールの位置は、飛球線に対してボールと自分の左ワキが結ぶ線が垂直になるようにしっかりとチェックをしておきましょう!

 

 

 

ティーアップする高さも大事です

 

 

また、これだけではなくティーアップをする高さも弾道や飛距離に対して大きな影響をもたらします。

 

 

 

最近のドライバーは飛距離を出すために厚く作られている物が多くあり、少しのミスでも飛距離や方向性が変わってきてしまいますので注意をしなくてはなりません。

 

 

 

一般的にこれぐらいの高さにボールをセットするといいよ!って言われる高さは、ティーアップをしてクラブヘッドと合わせた時に、だいたいボールが半分ほど上に出るぐらいの位置が好ましいとされています。

 

 

 

最近のドライバーは日々高性能になるようにと進化しており、高弾道でスピンがかかりにくいような設計がされているんですよ。

 

 

 

ですので、弾道がどうも低くて安定しないなーっていう方は若干ティーアップを高めに設定してみると、以前とは比べ物にならないほどの素晴らしい軌道でボールを飛ばすことができるはずです!

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加