ドライバーショットにおけるフェース面の重要性

ドライバーショットにおけるフェース面の重要性

 

 

ショットをした後にボールが右にスライスしたり、左方向へフックしてしまう・・・

 

なかなか思い通りの場所へとボールを飛ばすことが出来ない・・・

 

 

 

このように感じている人はいないでしょうか?

 

 

 

実際ドライバーショットから試合の流れは大きく左右されると言っても過言ではありませんね。ここで大きく出遅れてしまいますと、ライバルに差を広げられてしまう訳です。

 

 

 

では、どうすればボールが右や左に逸れたり、思った場所へと落ちないという現象を抑えることが出来るのでしょうか。

 

 

フェース面は正しい方向を向いていますか?

 

 

色々方法はありますが、まずは基礎基本であるドライバーショットにおけるフェース面を確認してみて下さい。

 

 

 

アドレスをした時に、フェース面が飛球線に対して真っすぐではなく右や左方向を向いていたんでは、当たり前のことですがボールは真っすぐには飛んでいきませんよね。

 

 

 

間違った打ち方をしているから、ボールは右へ逸れたり左へ逸れたりと自由奔放な動きを見せるという訳なんです。たまに思い通りに飛んでいくことがあるかと思うのですが、安定してドライバーショットが成功しないという方は、やはりフェース面が正しい方向を向いていないということが私の経験上考えられることです。

 

 

 

フェース面を真っすぐ向けるためには

 

 

最近のドライバーと言うのは、飛距離を出すためにヘッド部分が分厚く他のクラブと比較をしてみてもロフトが少ない造りになっています。

 

 

 

そのため、正しくフェース面をスクエアにセットすることは難しく感じてしまうのはあるかもしれないですね。このような場合は、クラブヘッド全体を飛球線に対して垂直に合わせるのではなく、リーディングエッジを中心として合わせて行くと上手く合わせられると思います。

 

 

 

意識する点としましてはそれだけではなく、かかととかかとを結んだラインであったり、膝と膝を結んだライン、肩と肩を結んだラインなど体の各部位におけるラインを飛球線に対して平行にセットすることも忘れないようにして下さいね。

 

 

 

いくらフェース面だけしっかりと合わせることが出来ても、基盤となる身体の使い方がバラバラであったのではボールは思い通りの行動はしてくれません。

 

 

 

特にクラブを振る腕に意識が向いてしまい、肩のラインが右や左に向きがちですので気を付けて行きたいですね。

 

 

 

ドライバーのスイングを上達させるためにあなたが実践すべきことの隅から隅までをご覧頂き、正しい身体の使い方やスイングなどを身に着けて行って欲しいと思っております!

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加