ドライバーショットでの手首の動かし方って?

ドライバーショットでの手首の動かし方って?

 

 

テークバックを行う時には手首はあまり意識をせずに!のページをよく見てみますと、手首はあまり意識しないようにテークバックを行っていくように。と解説をしましたので、ドライバーのスイングの手首の動きはバックスイングには必要ないのかー。と思われがちですが実はそういう訳ではありません。

 

 

 

テークバックを行い、手首が腰の位置へと到達しましたらいよいよ手首を曲げて(コックをして)行きます!

 

 

 

まず試しに手首の動きを一切行わずにスイングをしてみて下さい。

 

 

 

どうでしょうか?可動域は出ないですし非常にぎこちない動きになっているのではないでしょうか?

 

 

 

このようにバックスイング中にいつまでも手首を使わないでいますと、クラブヘッドを高く上げることが出来ないのは勿論のこと、ボールに対して必要なエネルギーを正しく伝えることが出来なくなってしまうんです。

 

 

 

では、どのようにして手首を曲げて行けばいいのか?

 

 

 

タイミングとしましては、手首が右腰の辺りへと位置した時に左の手のひらが自分の方向を向くように手首を曲げて行くのがベストです。

 

 

 

トップオブスイングの目安としては、手首が右肩と右の首筋の間に来るようにします。この時に意識をしなくてはいけないのが、手首をどちらの方向に曲げるかという事。

 

 

 

中には左手首を逸らしながらスイングをする人がいるのですが、これは正しい手首の使い方であるとは言えず、いつまで経ってもボールに手首の力を伝えることが出来なくなってしまいます。正しいコッキングというのは、左の親指方向に手首を曲げるということなんですね。

 

 

 

なお、手首が右の腰に到達した時には左の手首とクラブフェース面は正面を向いており、クラブは地面と水平、飛球線に対して平行になっているのが正しいフォームになります。

 

 

 

 

その状態を保ちつつ、先ほどの、左の親指方向に手首を曲げて行くという動作を行うことでクラブが綺麗に真上に上がるようになります。

 

 

 

そして、トップオブスイングでは、左の親指にクラブの重量が乗っている感覚を味わい、クラブは地面に対して水平な位置、飛球線に対して平行な位置を保っており、クラブフェース面は上方45度を向いている形が理想的であると言えます。

 

 

 

この動きが出来るようになれば、手首のスナップが効いた力強いドライバーのスイングを行うための下準備が整ったということになります!

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加