ダウンスイングでは足の踏み込みが成功させるためのカギ!

ダウンスイングでは足の踏み込みが成功させるためのカギ!

 

 

ドライバーショットが上手な人とそうではない人との違いと言うのは、実はこのダウンスイングの上手さによって大きく影響すると断言してもいいでしょう。

 

 

 

上手い人と言うのはダウンスイングを行う際、左足を力いっぱい踏み込み、その後に左ひざ→左の腰→左の肩というように、左下から左上へとドライバーのスイングを効率よくボールに伝えることが出来るような動きをしています。

 

 

 

その一方で、なかなかドライバーショットが上達しないって言う人は、上手い人のように左足の踏み込みが行えておらず、どちらかというと腕力だけでボールを飛ばそうとしているんですね。

 

 

 

特に利き腕である右腕から打ちに行ってしまう場合が多いです。この打ち方をしてしまうことで、カット打ちのスライス気味のボールになったり、全身の力を正しくボールに伝えることが出来ないために飛距離が全然伸びないんですよ。

 

 

 

もしも、力だけで何とかなるのであれば、ムキムキなボディービルダーがドライバーショットにおいては最強なはずです。(笑)それが証明されていないのは、ゴルフは力ではなく技が重要であるからです。

 

 

 

さて、ドライバーショットでの手首の動かし方って?のページを参考に、正しいトップオブスイングのフォームが出来上がったのであれば、後はいかにダウンスイングから的確にボールを捉えることが出来るかが肝になってきます。

 

 

 

まずは左足を踏み込むことを意識します。頭では分かっていてもなかなか動作に移せないって方も多いかと思われます。

 

 

 

そのような場合には、テークバックの際に左足を若干浮かしておき、トップオブスイングの状態まで持っていったら左足を着地させると同時にダウンスイングを開始するという練習を行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

素振りは大きなものでなくても構いません。ここではあくまで感覚を養うことが大事ですので、部屋の中でドライバーを持ち、小さく素振りを行うだけで十分な練習を行うことが出来ますよ!

 

 

 

 

上半身をトップオブスイングの状態を保ち、左足裏から左の肩へバックスイングから巻き戻すようなイメージで力を伝達させていくことで、自然と左腕が動き出すようになるはずです。

 

 

 

 

自然とその動きが出来るようになるまで、まだ手首は固定をしたまま動かさないでおきましょう。そして、バックスイングで手首を曲げ始めた右腰のあたりに手首が到達して初めてコックを解いていきます。

 

 

 

これはつまりバックスイングで行った動きを、逆再生するようにダウンスイングに移していくということになります。

 

 

 

これらの一連の動きが出来て始めて、ドライバーショットを上達させるための土台が完成したという事になります。この動きさえマスター出来れば後は正しいフォームでひたすら練習に打ち込む。

 

 

 

正しいフォームで継続していれば、いつかはあなたのドライバーショットは必ず上達して行くはずです。頑張ってください!

 

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加