フェアウェイウッドショットでミスを防ぐ打ち方とは?

フェアウェイウッドショットでミスを防ぐ打ち方とは?

 

 

フェアウェイウッドでのショットがダフりやトップのミスが多いと悲しみを背負っている人も多いようです。

 

 

 

ですが、フェアウェイウッドというのは一度どのように打てばいいのかを手に馴染ませることが出来るようになれば、アイアンと比べてみてもはるかに楽にボールを打ち上げられるようになり、ダフりやトップでのミスが少なくなるという訳なんです。

 

 

 

フェアウェイウッドでミスを防ぐためのショットというのは、広めに作られているソール部分を有効に活用して行くことです。

 

 

 

どのようにソールを有効活用していけばいいのか?

 

 

 

その答えは芝の上を掃くようにしてソールを滑らせていくことが重要になってきます。

 

 

 

アドレスに関して言えば、ドライバーでのティーショットよりかは気持ち少しだけスタンスを狭めるようにし、ボールの位置はおよそ1個分程右足寄りにするだけで大丈夫です。

 

 

 

そして、フェアウェイウッドショットで1番重要になってくるのが、身体の各部を地面と水平に回転させていくこと。要するに、レベルターンを心がけて行くということですね!

 

 

 

中でも腰が水平に回るようになれば、意識をせずとも自然にスイープショットが出来るようになるんです。

 

 

 

ドライバーショットと同様に、ボールを遠くに飛ばそうだとかクリーンヒットすることを意識しようとなりがちなのですが、このような事はなるべく考えないようにして、身体をスムーズにレベルターンをしていくことがフェアウェイウッドショットでミスを防ぐための打ち方になるんです!

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加