ロングアイアンで遠くに飛ばす方法とは?

ロングアイアンで遠くに飛ばす方法とは?

 

 

実はロングアイアンを苦手としており、どのようにしたら遠くに飛ばすことが出来るのだろうか?と頭を悩ます人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

最近では、各種ユーリティクラブが多数出ておりますので、無理をしてロングアイアンを使う事もないのですが、どうしてもロングアイアンで遠くにボールを飛ばしたいと考えているのであれば、まず最初に苦手意識を払拭することから始めてみましょう!

 

 

 

ドライバーと比較をしてみても、クラブが長めでロフトも小さく、クラブヘッドも軽めに作られておりますので、自分の筋力を駆使してボールを遠くに飛ばそうだとかスイングを速めてボールへの当たりを強くしようと考えがちになってしまうのが、このロングアイアンなのですが、このような考え方を持っていますと、力みが生じてしまい結果的に遠くに飛ばないし、狙った所にも落とせないというショットのミスを呼んでしまうということに繋がってしまうんです。

 

 

 

 

ここで発想の転換をしてみましょう。

 

 

 

 

遠くに飛ばそう!と考えるのではなく、むしろ100ヤード程度を飛ばす感覚で軽めにスイングしてみることで無駄な力みが減りますし、ボールに対して効率のいい力の伝え方が出来るようになるという訳なんです。

 

 

 

 

ボールに対して強く当たって行くというよりかは、いつも以上に大きなスイングを心がけるようにして、クラブヘッドを芝の上に掃くように滑らせるような感じでフェース面の上にボールを乗せて、上手く運び出していく感覚でスイングをしてみると上手く行くはずです!

 

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加