ミドルアイアンショットで狙った所へ飛ばすためには?

ミドルアイアンショットで狙った所へ飛ばすためには?

 

 

ロングアイアンではスイープショットなのですが、これがミドルアイアンへと変わってくると上から下へのスイング軌道であるダウンブローになってきます。

 

 

なぜダウンブローの打ち方になるのかといいますと、クラブが短くなるにつれてスタンス幅が狭くなり、ボールの位置も右足寄りになるからです。

 

 

 

ドライバーショットでは、両足にかかる体重は左足と右足で5:5の均等になるような配分なんですが、ミドルアイアンでは徐々に左足に重心を持っていくようになるんですね。

 

 

 

このスタンスを取る事により、ボールよりも構えている手首の方が進行方向にに近くなるという訳です。各クラブごとの距離を打ち分け、狙った場所へと正しくボールを打ち出すためには、このハンドファーストの形を保ったままスイングすることでそれが実現になるんです。

 

 

 

要するに、アドレスで作った左手首の角度をキープしたままできっちりとインパクトをすることで、正確なアイアンショットが可能になるということです。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加