ショートアイアンショットのスタンス幅とボールの位置

ショートアイアンショットのスタンス幅とボールの位置

 

 

ショートアイアンともなると、ミドルアイアンと比較してみてもさらにスタンス幅は狭くなりボールも右足寄りになってきます。

 

 

ドライバーショットと比べてみればだいぶ身体の中央よりにはなるのですが、右側には来ません。

 

 

 

これはどういうことかと言いますと、ショートアイアンではボールは身体の中央もしくはやや左寄りになるということです。このようなスタンスを取った結果、ますます左足にかかる体重は大きくなり、ハンドファーストの度合いと言うのは強くなってきます。

 

 

 

ミドルアイアンとショートアイアンの大きな違いと言うのは、引っ掛け防止の意味も含めたスタンスをオープンにしているところ。

 

 

 

つまり、左足を少しだけ引くことでスタンスラインを目標よりも左向きにするんです。ですが、腰のラインと肩のラインは目標方向に対してスクエアに構えておくことが大切になります。

 

 

 

ショートアイアンのスイングの大きさと言うのは、より小さいものとなってきます。アドレスで作った左足に体重を乗せた状態をキープしたまま、コンパクトにスイングをすることでより狙った場所へと落下させることが出来るなどの正確さが増していくことになります。

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加