ショートアイアンで引っかけを防ぐ方法

ショートアイアンで引っかけを防ぐ方法

 

 

ショートアイアンは引っかけやすくて左方向へのミスショットが頻繁に起こるクラブだという事をご存知でしたか?左方向への引っかけが起きてしまうと、自分が予想している以上に飛距離は出てしまうものです。そのため、スルーザグリーンの左側のOB区域にボールが飛び込んでしまうと言ったことも珍しくはありません。

 

 

なぜ、ショートアイアンで引っかけが起こりやすくなってしまうんでしょうか。そこにはグリップの握り方が大きく影響していると言われているんです。正しいグリップが出来ていないから正しいショートアイアンショットを行う事が出来ない。こういうことなんですね。

 

 

どういうことかと言いますと、ショートアイアンの場合はオープンスタンスにするのですが、グリップをしたままオープンスタンスにすると実際にはフェース面を左向きにしたままグリップをすることになるんですね。フェース面が左を向いているということは、そのままスイングを行ったら当然左方向にボールが飛んでいくひっかけが起きると言っても過言ではありません。

 

 

正しい手順としましては、オープンスタンスをとってからフェース面を正しい方向へと向けてグリップするようにします。

 

 

 

また、ショートアイアンはドライバーなどとは違いますから大振りすることも左方向へと飛んで行ってしまう原因になります。左足に体重を残したまま右肩から左肩までのクラブの軌道を保ったコンパクトなスイングを心がけるようにしていきたいですね!

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加