【ゴルフウェアにもマナーがあることをご存知でしたか?】

ゴルフウェアにもマナーがあることをご存知でしたか?

ゴルフ競技において服装にもマナーはしっかりと存在します。

 

 

ゴルフはサッカーや野球と言った他の球技と比べると、何か違うことに気づきませんか?

 

 

そう!上記のスポーツには各チームごとのユニフォーム(服装)が決められているんですが、ゴルフは特にこれと言ったゴルフウェアの着用は義務付けられていません。ですので、何を着ても個人のスタイルだからと思われがちなんですが、ここに落とし穴がある訳なんです。

 

 

要するに、何のゴルフウェアを着用してプレーをしてもいい、という訳ではないんですね。

 

 

 

ゴルフウェアで気を付ける点とは?

 

 

各ゴルフ場によって多少細かなゴルフウェアに関するマナーは異なってくるのですが、基本的にはどこも、襟の付いていないウェアや動きにくいジーンズ、海水パンツやTシャツ、女性であればノースリーブやタンクトップなどは禁止しているはずです。

 

 

 

ショートパンツを着用する場合は、ハイソックスを身に付けなければならないというルールもあります。

 

 

 

 

これらに共通する点としましては、肌の露出が多かったり、暑苦しく感じるような、他の競技者に対して不快感を与えるようなゴルフウェアは避けましょう!という事ですね。

 

 

 

 

それだけでなく、メンバーシップコースではクラブハウスに入る時、レストランで食事をするときには普通の服装ではなく、ジャケットを羽織り、ネクタイを締めなければ入館することが出来ないというような厳格なゴルフ場もあるようです。

 

 

 

 

 

また、ゴルフウェアだけでなくシューズにも気を付けます。スニーカーだったり、一般的な運動靴ではプレーできないのは勿論のこと、ゴルフシューズの場合でもスパイクレスのものを禁止にしているようなゴルフ場もありますから、事前にゴルフ場のウェアについてのマナーを確認しておくのが良いと思います。

 

 

 

ゴルフウェアのマナーを守れていない場合

 

 

 

万が一、上記のようなゴルフウェアを身にまといゴルフ場に足を踏み入れたら、周りの競技同伴者やゴルフ場スタッフに「ちょっとお客さん!」と声を掛けられてしまう事は間違いないです。

 

 

 

 

ゴルフ場スタッフはもちろんですが、ベテランゴルファーは長い間マナーを守って正しくゴルフを行ってきている訳ですから、マナーを守れていない人には一段と厳しく接する傾向があるようです。

 

 

 

 

「知りませんでした、初心者なんです・・」と言えば、(私の経験上)笑顔で許してくれることも多いですが、それでもやはりゴルフ場内でおかしなゴルフウェアを身に着けて恥はかきたくないものです。

 

 

 

 

独学でこの服装であれば問題ないかな、と独学でゴルフウェアについて研究するのではなく、どのようなゴルフウェアを身に付ければ問題ないのかをゴルフショップの店員などに詳しく尋ねてみることをおススメします。


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加