【ゴルフの打ちっぱなしにおけるマナーとは?】

ゴルフの打ちっぱなしにおけるマナーとは?

ゴルフ場だけしっかりとしていればいいわけではなく、ゴルフの打ちっぱなしでもマナーやエチケットは必要不可欠です。

 

 

 

打ちっぱなしでやってはいけない行為

 

 

前の人が打席で打ちっぱなしをしている時に、その後ろで仲間と大声で談笑したり、人が通る場所でのスイングはマナー違反です。人がいないから素振りをしても誰にも迷惑はかからないだろうっていう考えは止めましょうね。周囲の人から見たら、凶器(クラブ)を振り回している危ない人だ、という認識を持たれます。

 

 

 

練習している人に対して、迷惑をかけたり集中力を低下させてしまうのがこれらの行為をやってはいけない大きな理由です。まあ、少し考えれば分かる事ですが、自分が練習台いて後ろで関係ない話しをべらべらと続けられたら、イラッとくるでしょうしたまったもんじゃないですよね。

 

 

 

人がいなければスイングしてもいいと考えている人も、周りの健全な人から見たら「人に迷惑をかけている教養のない人」と認識されてしまうでしょう。もしも、あなたが周りから冷ややかな目線、こそこそとあなたに対する不満を聞いても何も感じないのであれば、このようなマナー違反をしても大丈夫かと思います。

 

 

 

ですが、一般の方はこれらの行為をされると大変迷惑に感じていますから、打ちっぱなしといえども正しくマナーを守るようにして下さい。

 

 

 

基本的に前の人の順番待ちをしているようであれば、怪我をしない&動きをスムーズにさせるための柔軟体操を行ったり、今日はどのようなスイングを意識してみようか、などを実践しておくとマナーをしっかりと守ることが出来る上、待ち時間も有効に活用することが出来るため、おススメです。

 

 

 

 

あなた自身のためにもなりますし、周りの人も気持ちよく打ちっぱなしが出来る環境になることでしょう。

 

 

 

打ちっぱなしゾーンに入った時のマナー

 

 

いよいよ、自分番が回ってきました!準備運動をしっかりしたし、頭の中でイメージも固めた。
よっしゃ。スイングだ!と思ってクラブを振った瞬間に、手を滑らせてクラブが飛んでいってしまうこともあるかと思います。

 

 

 

 

この場合は、自分の立ち位置から数cm程であれば、自分でクラブを拾っても構わないのですが、数m先までクラブを放り出してしまった。という場合には自分で取りに行くことは他の練習客のボールが直撃してしまうなど、危険ですので絶対に止めましょう。打ちっぱなしの係りの人に報告をし、適切な処置を受けることが大切です。

 

 

 

 

順番を変わって上げるマナーは当然

 

 

当然ながら、もし自分の後ろに他の練習客が並んでいるようであれば、自分の番が終わったら変わらなければなりません。仮にもその練習で自分の納得がいかない結果が出てしまい、悔しくて連続でプレーしたい気持ちも分かります。だからと言って、後で待っている人に順番を譲らないままプレーを続行するのは明らかなマナー違反です。何度も繰り返されるようであれば、出禁になることは免れません。

 

 

 

そもそも、打ちっぱなしを連続で行うこと事体、疲れを溜めてしまう原因となってしまいますので、あまり好ましいとは言えません。適度なインターバルを取り、前回の良かった点や改善点を考えながら新たな気持ちで再び挑むことでゴルフはどんどん成長して行くものです。

 

 

 

 

続けて練習を行うのもダメ、ダラダラと練習するのも待っている客に迷惑がかかってしまいますので、マナー良く効率の良い打ちっぱなしを心がけるようにしましょう。

 

 

関連記事:打ちっ放しの服装にも意識を向けましょう


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加