【打ちっ放しの服装にも意識を向けましょう】

打ちっ放しの服装にも意識を向けましょう

打ちっ放しはゴルフ場と違い、気楽に練習できる場になります。そのため、自分の感じる楽な服装で打ちっ放しに励んでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか。ですが、打ちっ放しと言っても服装におけるマナーはしっかりと存在しています。

 

 

 

例えば、いくら真夏の暑い時期だからと言って、ランニングシャツやステテコなどのあまりにもラフ過ぎる格好はNGです。周りの練習客から見たら、「自分は一生懸命練習をしているのに、何であの人はあんなラフな格好をしているんだろう。」と不快に思われてしまいます。

 

 

 

 

周りの人の打ちっ放しのモチベーションを下げてしまうのはマナー違反にあたりますので、なるべくゴルフにおける正装で打ちっ放しをするようにしましょう。

 

 

 

 

 

女性の場合であれば、ノースリーブなどの露出が高いものは極力避けるようにしましょう。フレアスカートも、スイングをする際には邪魔になってしまう恐れがあり、せっかくの打ちっ放しの練習も無駄なものとなってしまいます。

 

 

 

スラックスやキュロットスカート、ショートパンツなどの打ちっ放しを最大限活かせるような服装をしていきたいですね。

 

 

 

打ちっ放しでも靴は大事

 

 

なぜあなたは打ちっ放しに出向くのでしょうか?
それは、ゴルフの基本をマスターし、スイングの飛距離を伸ばすことや狙った場所へとボールを落とすことが目的だと思います。

 

 

 

 

それなのにも関わらず、足場が安定しないようなサンダルや下駄などの履物を履いて打ちっ放しをするのは本末転倒になってしまいます。スイングが上手くいかないだけでなく、足の筋などを傷めてしまう原因となってしったんでは練習所の話しではありませんよね。

 

 

 

 

打ちっ放しであれば、ゴルフ場とは違い運動靴やスニーカーなどで行っても問題はありませんが、本当にゴルフの技術を上げたいのであれば、本番と同様にスパイクシューズ、もしくはスパイクレスシューズで打ちっ放しをすることをおススメします。私の経験上、何より気合いの入り方が違います!

 

関連記事:ゴルフの打ちっぱなしにおけるマナーとは?


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加