【ゴルフ場では時間にゆとりを持って行動しよう!】

ゴルフ場では時間にゆとりを持って行動しよう!

ゴルフ場を予約してプレーをするのであれば、遅刻をすることはマナー違反にあたります。あなた一人が遅刻してしまったことが原因で、同伴競技者だけでなく、その後にプレーをするグループにも迷惑をかけることになってしまうことを理解しておかなければなりません。

 

 

 

 

ゴルフに限ったことではないですが、立派な大人であれば、何かを約束しているのであれば時間厳守して行動をするのは当然のことですよね。遅刻をしないように、予めゴルフ場までのルートを確認しておき、周辺の道が車で渋滞をするような場所であるようなら、時間に余裕を持って行動をするようにして行きたいところです。

 

 

 

 

また、朝一からゴルフ場でプレーをするのであれば、寝過ごしに注意をしなければなりません。特に仕事に追われているのでなければ、前日は早めに寝て翌朝スッキリと起きられるようにしておくのがいいですよ。

 

 

 

 

目覚ましを起床時間の5分ほど前にセットしておくと万が一トラブルに見舞われた場合でも、何とかなることが多いはずです。ゴルフ場に到着するまでの時間を逆算しておき、少なくとも競技開始の1時間ぐらい前にはゴルフ場に着いておき、準備体操やストレッチ、さらには今日のイメージトレーニングをしておくのも有効な時間の使い方と言えますね。

 

 

 

 

ティグラウンドへも時間に余裕を持って!

 

 

 

準備体操やイメージトレーニング、スイングなどの練習を終えましたら、なるべく競技開始の5分程前にはティグラウンドにいるようにしておくのがマナーです。もしも、自分たちの前のグループがまだティショットをしているようであれば、ティグラウンドからなるべく離れた位置で待機し、大人しく待機するようにしましょう。

 

 

 

 

ここでやってはいけないのが、待ち時間が数分あるからと言って、同伴競技者と声高らかに会話をしてしまうこと。ゴルフは特に集中力を必要とされる競技ですから、せっかくアドレスをしているのに、全く自分には関係のない雑音が入ってきてしまったら当然のごとく集中することは出来ませんよね。

 

 

 

 

 

ミスショットにも繋がる原因となってしまいますし、何よりゴルフにおいて大事なエチケットに欠けた行為とみなされます。他の競技者が打つときには、集中出来るような環境を作ってあげ、迷惑はかけないようにしなくてはなりません。

 

 

 

 

基本的には以下のことを守っていれば大丈夫です。

 

 

  • 他の人とプレイヤーに聞こえるほどの大きな声で話さない。
  • ティグラウンドへは、自分の番が来ない限りは上がらない。
  • ティショットしようとしている最中に視界に入るような位置で、素振りなどの動作を行わない。

高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加