【ゴルフボールには目印をつけておきましょう】

ゴルフボールには目印をつけておきましょう

ゴルフ競技を行う時には、自分のボールに対して自分のものであると分かるような目印をつけておくことも大事です。

 

 

もしも、飛んでいった先のボールが自分のボールでないと判断される場合は紛失球となってペナルティが与えられたり、誤球プレーとなり、他の競技者とトラブルに発展してしまうこともありえます。

 

 

 

例えば、深めのラフやバンカーにボールが落下した際、他のプレイヤーも自分と同じような飛球線を描きそこに落下した場合、特に目立った目印を記していない場合にはどちらがどちらの球であるかを判別することが出来なくなります。

 

 

 

この場合は紛失球とみなされますし、また、ボールのメーカーや製造番号も同じですので、自分のものだと思い込んでいたら実は他人のボールであり、怒られてしまい申し訳ない思いをしたというゴルファーも実際にいらっしゃいます。

 

 

 

 

ゴルフを競技として行う以上は、このような事態が発生しないとは限りませんので、競技開始前には、ボールに自分のものだと分かるように何か目印をつけておくと良いでしょう!


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加