【ボールの紛失に備えるために】

ボールの紛失に備えるために

初心者ゴルファーの方はゴルフウェアやゴルフクラブなどはしっかりと確認してからプレーに挑むのですが、案外忘れがちなのかな?と思う点としまして、ボールの数が足りないと感じる時があります。

 

 

 

ゴルフにおけるコースと言うのはどこも同じという訳ではなく、起伏の少ない初心者向けのコースもあればバンカーやウォーターハザード、OB区域などが多い、やや難易度が高めなコースなど実に様々です。

 

 

 

特に初心者の場合ですと、初めはなかなか狙ったとこにボールを飛ばすことが出来ずに、ショットの位置によっては何度も池ポチャをする、何度も林の中に打ち込んでしまいボールを見失ってしまうというのはよくある話しですね。

 

 

 

 

このように自分の持ち球がどんどん失われていくのは、いずれ無くなってしまうのではないか・・・という不安に苛まれてしまう恐れがあります。ゴルフにおいてプレッシャーに負け、平常心を失うという事はプレーに大きな支障を与えることになりますから、そのような無駄な心配をするのであれば、ボールはこんなにいらないんじゃないか?というぐらいたくさん持っていくようにしましょう!

 

 

 

 

初心者の内は下手でも何も問題ないです。初めからゴルフが上手かったなんて人はいないですから。ボールを失っても気にしない精神でどんどん打ち込むような意気込みが大切です!

 

 

 

 

同伴競技者のショットも見ておく

 

 

先に打った自分のショットがミスショットであっても、全員がボールを打ち終えるまでは各プレイヤーのボールがどこへ飛んでいったのかを注意深く見守ってあげることもマナーです。

 

 

 

 

同伴のキャディさんがどこへ飛んだかを観察をしているものの、キャディさんとて人間ですから見逃すことだってあるかもしれません。同伴競技者全員がボールの行方をしっかりと目視しておくことで、ミスショットのボールを探しやすくなり、紛失球になる確率がグッと減るのではないでしょうか。


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加