【ゴルフで打つ順番の決め方はスタートホールから!】

ゴルフで打つ順番の決め方はスタートホールから!

ゴルフでは一人一人が独立して行う競技であり、同時にボールを打つという事はあり得ません。ですので、ボールを打つ順番と言うのを決めて行く必要があります。

 

 

 

 

ラウンドの最初のホールでは、誰が初めにティショットをするのかを決めなければなりません。話し合いをして打つ順番を決めてもいいですし、くじ引きやコイントスなどをして決める方法もあるのですが、最近では色んなゴルフ場でティグラウンドの付近に順番を決めるための、鉄で作られた細長いスティックが4本入れられた丸い器が用意をされています。

 

 

 

 

 

その器から1人1本スティックを抜き取るのがまず第一段階。そして、ポールの下には1本から4本までの線が引かれており、線が1本引かれているものを引いた人が1番最初にティショットを打つことになります。その次は2本の線を引いた人、3本の人という順番になります。

 

 

 

 

 

ゴルフはメンタルが特に重要視されるスポーツ。1番最初に打つ方が調子が上がる!という人もいれば、皆が打ったのを見てからじゃないと落ち着いてティショットが出来ない人など、性格によって様々ですね。

 

 

 

 

 

順番決めは正直運が絡むわけですが、どの順番で回ってきてもいいように日頃からメンタルを鍛えておき、冷静なショットが出来るように心がけて行きたいものです。

 

 

 

 

ちなみに、1番最初にティショットを打つことが出来る人を、名誉という言葉の意味を持つ、オナーという言われ方をします。名誉・・・若干大げさな気もしなくはないのですが・・(笑)


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加