ゴルフ場での安全確認は当然のマナーです!

ゴルフ場での安全確認は当然のマナーです!

ゴルフは、ボールを扱う競技の中では最もボールの飛距離が長いスポーツとしても知られています。その上、野球のように相手選手が打ったボールを追っていくという訳ではないため、前方に他の競技者がいる場合は特に安全を確認を怠ってはなりません。

 

 

 

当然、周りをしっかりと確認することなく、いきなりボールを飛ばすことはマナー違反となります。

 

 

 

 

また、ゴルフクラブも比較的長めでかつティショットなどでは、フルスイングをすることも多いですから自分の周りにボールを拾おうとしている人などをしっかり確認してからショットを打つ必要があります。

 

 

 

 

キャディさんがいてもいなくても、常に周囲の確認だったりボールを飛ばす方向に誰もいないことを確認してからショットをしていくように心がけていきたいですね。

 

 

 

 

ゴルフボールは小さいですが、中身はしっかりと詰まっており少し当たっただけでも痛みを感じてしまいます。それがフルショットで飛ばしたボールであればどうなることでしょう。お尻などの体の中でも比較的肉の厚い部分であれば、打撲などの軽傷で済むでしょうが、頭部にボールが直撃をした場合は痛いどころの話しではすみませんよね。

 

 

 

 

場合によっては命を落としてしまうなどの取り返しのつかないことになってしまいます。

 

 

 

 

キャディさんが「それでは打ってください。」とOKサインを出したとしても、スイートスポットでボールを捉えて自分でもまれに見るスーパーショットが出てしまい、先行の組のプレイヤーにボールが届くかもしれないと思った場合は、ショットをすることは控えなくてはなりません。

 

 

 

 

もしも、他のプレイヤーにボールが当たる可能性があることを把握している状態で、あえてそのような危険な行為に踏み込むことを法律では「未必の故意」と言い、重く罰せられる恐れがあります。

 

 

 

 

マナーうんぬんの前に安全を守る事は基本中の基本です。仮にもあなたが乱暴な車の運転をしているようであれば、ゴルフ場での事故のようにいつ交通事故を起こすか分かりませんので、今一度ご自身の運転に問題がないか、思い出してみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

ボールが人に当たりそうになった時は

 

 

さて、話しは少し逸れてしまいましたが、もしも自分でも予期せぬほど快心のショットが飛び出したり、ミスショットとして球が狙った方向へと飛ばずに横に逸れてしまいその方向に人がいるような場合はどうすればいいのでしょうか?

 

 

 

 

実は、ゴルフ用語の中にはこのような事態を想定した語句が既に設定されており、「フォアー」と呼ばれています。つまり、ボールが人に届きそうであればその人に届くぐらいの大きな声で

 

 

 

「フォアーーーーーーー!!!」

 

 

と叫べばいい訳です。

 

 

 

なかなか大きな声を出す機会がないゴルフ初心者さんが、いきなり聞きなれないゴルフ用語を大きな声で叫ぶのはすごい抵抗を覚えるかと思います。

 

 

 

 

ですが、叫ばなかったことが原因でボールが当たってしまったりしたら大変です!恥ずかしがらずにありったけの声で叫ぶようにしましょう。

 

 

 

声が元々小さく、張り上げる機会がないという場合はカラオケに行って歌いながら肺活量を鍛えておくのも一つの手だと思います。

 

 

 

それでも、結局はゴルフ場において人にボールが当たりそうになるという行為自体がマナー違反となります。周囲の安全に気を配っていればまずそのような状況にはならないはずです。

 

 

 

そしてもし、他のプレイヤーの身に危険が迫るようなことをしてしまった場合は、速やかにその人の所へと出向き、「すみませんでした。」と心から謝罪をするようにしましょうね。何か人に迷惑をかけてしまったなら素直に謝る、これはゴルファーとしてのマナーだけではなく人として当然の行為ですので。


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加