【隣りのホールにボールが入り込んだ場合の対処法】

隣りのホールにボールが入り込んだ場合の対処法

ミスショットをして自分の予期せぬ方向へ飛んでいってしまうことはよくある事です。

 

 

特にゴルフを始めて間もない初心者の方であればそんなことは日常茶飯事ではないでしょうか。狙ったところへとボールが落ちず、バンカーやOBへとボールが入り込むのであればまだしも、隣りでプレーをしているホールへとボールが飛び込んで行ってしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

 

 

この場合は、プレー中のグループがそのホール内にいるかどうかをまず念入りに確かめましょう。

 

 

そして、もしもプレーをしている人が近くにいるのであれば、声を掛けて自分が飛ばしたボールであるか間違いがないかをしっかりと確認した後、ショットをするようにします。

 

 

もちろんこの時も「すみません。」と爽やかに挨拶をするのがマナーです。不愛想に言われてもあまりいい気分はしないですから、自分たちのホールに部外者のボールが流れてきたとしても許してもらえるような誠実さを見せることが大切です。

 

 

また、紛失球としてのボール捜しは基本的には5分以内と定められているのですが、もしも後発組が追いついてしまった場合は先に行かせるなどパスをさせてあげるのがマナーとなります。

 

 

初心者の内はよくボールを無くすものですから、予備のボールをキャディバッグやポケットなどに入れて持ち歩くようにしておきましょう。


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加